キャンプ用品や大好きな銭湯のこと、その他に気になることについて発信していく雑記ブログです。

あめんぼブログ

ヘッダー画像

仕事

転職前に絶対確認!転職先がブラック企業かどうか調べる方法!!

更新日:

転職活動をしていてエントリーをしていていい話がもらえた!!

 

もしくはここの会社はエントリーをする前にこの会社がどういった会社なのか

 

ホームページだけではわからない・・・

 

ただ会社情報を見ているとすごく良さそうな感じはしている

 

この両者ともいきつく疑問は「この会社ブラック企業じゃないよね・・・?」

 

これを調べずに入ったら

 

毎日残業はあたりまえ、その上残業代なんてものは都市伝説だったぐらいに

 

ブラック企業というのはよくある話ですwww

 

むしろ会社側も面接時や紹介文では嘘をついていることも当たり前のようにあります

 

しかしここを見抜く方法がいくつかあります!!!

 

この方法をしっかりと使って調べた上で入社するかどうかを判断してもらいたいです

 

 

 

ブラック企業かどうかを見分けるポイント

ブラック企業かどうかを見分けるポイント3つあります

 

まずはネットから調べるパターン、面接で調べるパターン、そして求人票から調べるパターン

 

この3つから大体ブラック企業かどうかが見えてくるはずです!

 

それではご紹介したいと思います!!!

 

ネットから調べる

ハローワークの掲載数を調べる

ハローワークで過去に求人募集をかけた回数を調べることが出来ます!

 

このなぜ調べる必要があるのかという点ですが

 

まず求人をかけた回数=辞めた人がいる

 

っということです!!よって離職率が高いので求人回数が増えたというのがもっともな見解になります!

 

まずはここで過去2年分まで調べることができるので一度見てみる価値はあります!!

 

ハロワ検索」←こちらでチェック!

 

その他リクナビやマイナビなどでも過去の掲載履歴が残っていることがあるので

 

これも一通りチェックしてみることをお勧めします!!!

 

転職会議で口コミを集める

 

ネット上で会社の口コミ情報と言えば「転職会議」になると思います

 

この転職会議では在職中や退職者を対象に他社の口コミを見る代わりに

 

口コミを投稿しなければならないというシステムです!!!

 

中には信憑性がどうなのかといったようなことも書かれているようですが

 

結構正確な情報は載っているかと思われます!!

 

この口コミをどう受け止めるかによるかと思いますが

 

経験者の話を無視することはできません!!

 

こちら必ずチェックすることをお勧めします

 

転職会議」←こちらでチェック

 

Googleや2chで会社名から評判を探る

もしあなたの会社がBtoCの会社であればかならずネット上に評判や噂などが書かれています

 

それはどんなに小さい会社でも必ず出てきます

 

なので一度Googleで会社名やその商品名などもあれば一緒に調べてしまいましょう

 

そこで怪しい会社なのかどうかの判断が少しはつくと思います

 

ただBtoBの会社であればほとんど情報が出てこない可能性が高いので

 

この場合はハロワークや転職会議などで情報を集めることになります

 

中には2chなどに周辺に住んでいる人がその会社の評判や噂を書いていることもあるので

 

これも一度チェックしてみるといいかもしれません!!!

 

2chは結構有力情報などがあって面白いです♪

 

面接から調べる

ここからは面接で必ず聞いた方がいいこと

 

また聞くことでブラック企業なのかどうかが分かります

 

その他対応についてもご紹介します!!

 

1日のスケジュールを聞いてみる

面接のときには必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます

 

これを有効に使わずしてブラック企業なのかどうかを調べるチャンスはありません

 

とにかく時間外労働が多いかどうかの判定をするには

 

面接者の1日のスケジュールを聞くことです

 

一番重要なのは出勤時間と退勤時間です!!!

 

これがあいまいだとかなり怪しい企業で残業が常態化している可能性があります

 

まれに朝残業まである会社もあるので要注意です・・・

 

 

面接官の人間性から見る

面接官は言わば会社のイメージとしての意味も持っています

 

もちろんあなたを判断するためにもありますが

 

その会社の看板を背負っている人が

 

言葉遣いが荒かったり、だらしない格好をしていたらどうでしょうか?

 

恐らく社内ではもっとひどいことになっているに違いありません

 

それ以外ではかなり疲弊しているようにみえたり

 

その面接官をじっくり観察することで社内の雰囲気やノリ?のようなものも見えてくるはずです!

 

雑談や談笑が多すぎる

面接のときに場の雰囲気を和ませるために雑談というのはよくあります

 

たとえばどこから来たの?とか週末とかは何をしてますか?趣味はなんですか?など

 

あなたが話しやすいような話題を振ってきます

 

ここまではOKなのですが・・・

 

問題なのは雑談や談笑などで面接が終了してしまうことです

 

もしこのような状況で終わってしまったら間違いなく焦って人を募集しているというのがわかりますので離職率が高いというのが分かってしまいますwww

 

求人票から調べる

求人票にはあなたを雇った場合の待遇やこの先の未来について書かれています

 

その求人票が嘘かどうかについてあとは気を付けなければならないポイントをご紹介したいと思います

 

見込み残業代

この見込み残業代と書かれた求人票を見たら真っ先に次の求人を見ることをおすすめします

 

なぜならこの見込み残業代とは給料の中に1か月あなたが残業するであろう金額が最初から含まれているということです

 

これは何を意味するかというと「残業時間の天井はもはやない」ということになります

 

残業するのはあなたが悪いということを会社側が押し付けているのと同じなのです

 

これは僕の場合は痛い目にあいました

 

残業代は5万円含まれている状態で200時間近くの残業が続いていました

 

時給換算すると残業時の時給は250円になりますwww

 

これにはビックリでしかありません

 

精神論で訴えているところは危険

あなたの頑張り次第ではもっと給料UPとか

 

とにかく頑張る、努力、やる気さえあれば昇進しますなど・・・

 

もう書くことがこれしかないんかい!!っていうような

 

子供が話しているような何の根拠もないような精神論ばかりを並べている求人票は

 

赤紙と思ってもらった方がいいですwww

 

これに引っかかってしまうと大変なことになってしまうのは言うまでもありません・・・

 

特に多いのがこういった精神論で訴えかけているところは

 

パワハラや怒号が毎日のようにあり

 

理不尽なノルマをかけてきたりするなど

 

人間にさせているとは到底思えないようなことが毎日続くようになります

 

会社の紹介文が慣れている

会社の紹介文が妙になれているところは

 

求人募集に慣れている可能性があります

 

うまいかどうかはあなたが思うこれはブラック企業に間違いないというところと見比べてみると分ります

 

ブラック企業は基本的に求人をかけることに慣れています

 

なのであの手この手と整った文章で求人募集というよりも魅力的な広告に仕上がっています

 

逆に求人を取ることが少ないホワイト企業では紹介文などが不慣れところが多いです

 

これは数をこなしていないので仕方ありませんが

 

この数をこなしていないというところにホワイト企業だということがすぐに分かります!

 

是非あなたが良い会社だと思っていたところも広告のような求人になっていないか確認してみてください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ブラック企業なのかどうかを調べるのは少し面倒かもしれませんが

 

この先のあなたの未来を決定づける重要なことなのでめんどくさがらず調べつくしましょう!!

おすすめ記事一覧

-仕事
-, ,

Copyright© あめんぼブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.