キャンプ用品や大好きな銭湯のこと、その他に気になることについて発信していく雑記ブログです。

あめんぼブログ

ヘッダー画像

ひとり言(ネタ)

強迫症になって分かったこと!これ相当ツライ・・・

更新日:

強迫症ってなに?

強迫症とは、自分の中で不安や不快だと感じることを打ち消すために何度も何度も同じ行為する。

 

抑えようとしても抑えられない強迫から同じ行動に出てしまう精神的な病です。

 

原因としては人によって受けたストレスや遺伝などあるようですが現在でも未だに解明されていないようです。

 

強迫症の種類はいくつもあります。

  1. 不潔に関すること
    つり革とか誰もが手にするものに触れてしまうと、汚染されたのではないかという不安に襲われ何度も手を洗ってしまうなどの症状。
  2. 確認行為
    火の元やストーブなど火器が多いのですが、他には戸締りをきちんとしたかなどの確認作業を何度も何度もしてしまう症状。
  3. 加害疑念
    誰かを傷つけてしまったのではないかという不安障害。車を運転していて何か踏んだ場合や音がしたときに誰かを引いてしまったのではないかという不安になる症状。
  4. その他

今現時点も症状の波が激しいけどなんとか頑張っています!少しでもこの症状について知ってもらいたいので記事にしてみました。

 

 

 

僕は強迫症&不安症なんだと分かった

僕の症状は確認行為を永遠としてしまいます。

 

自分がこの行為をしてしまうようになったのは丁度働き始めて3年がたったころでした。

 

今までの人生ではどちらかというとおおざっぱで強迫性障害とは無縁な性格だったにも関わらずそれは静かに突然となっていました。

 

具体的な確認行為をしてしまう内容ですがこんな感じです。

 

火を消したかどうか不安になって仕方がない

とにかく火が出そうなところが不安になってしまい、特にコンロを火を消したかどうかが気になってしまいます。しかもその確認作業には無意味なサイクルがあるのです。

 

①コンロからガスが出ていないか臭いを嗅ぐ

②ガスの栓がきちんと止まるのところになっているのか

③コンロに手を当てて熱を感じないのを確認するこの作業を①から始め③に到達してもまた気になって①に戻ってやり直してしまう。

 

ひどいときには本当に止まらなくなってしまいます。

 

会社の電気のコンセントを抜いたか気になってしまう

会社を出るときとかにデスクライトのコンセントを抜いてしまいにはそのコンセントの金属部分を何度も触らないと気が済まないほどです。

 

正直周りからは何してんだと思われているのでしょうけどそれでも気になってしまいます。

 

戸締りをしたかどうか

これも会社だけなのですが、休日出勤や最後に帰るときなどにきちんと戸締りをしたかとかが気になってしまいます。

 

ひどいときには家に帰ってからその不安がよぎりその日に会社まで1時間かけて戻って確認をしにいったことすらありました。きちんと鍵はしまっていましたが。

 

これらの症状を最初うちはその日だけおかしかっただけだと思い込んでいましたが

 

1年ほど続いたので思い切ってメンタルクリニックに行き初めて自分が「強迫症」だということが分かりました。

 

強迫症と向き合うことにした

自分自身が強迫症という精神疾患だというのが分かったときには正直ほっとしたのを今でも覚えています。

 

無意識に何かおかしいというのは分かっていましたが何なのかがわかっていなかったので何故か安心しました。

 

病院に行ってから僕は薬を処方されましたが、飲むのが怖くていまだに飲んでいません。

 

ただ自分なりに治せる方法を探してみてそれでもだめなら飲むとどこかで決めていたからです。

 

強迫症になってから試したこと

僕なりの改善方法になってしまいますがこの方法を試してから恐らく100%あった強迫性障害が30%にまで減ったと思っています。それがコチラです。

 

他人に任せる

基本他人を信じることがあまりできないのですがとりあえず頼ることにしました。

 

火の元の確認は僕の仕事ではなく他の人にそれを任せるようにしました。もちろん戸締りもそうです。

 

恐らくどこかでなにかあっても他人のせいにできると思っているからかもしれません。

 

しかし、これはあとになってからわかったけどこの方法は根本から逃げているだけのことだからあまり良くないと分かった!

 

自分に暗示する

火の元確認とかでいつしか無限ループにはまってしまうのですが、その時に「もうこれ以上やっても意味ないって」とか「これで終わり」とか自分に言い聞かせます。

 

これで僕の場合は無限ループから脱出できます。

 

完璧はありえないことを理解し思い込みをなくした

完全なことはこの世にはありえないと理解することで、自分のやっていることにも意味がないものだと分かります。

 

これを意識し続けているとてきとうに作業をできるようにもなりました。これで無限ループにはまることも少なくなりました。

 

これ結構重要なのですが思い込みをなくすことでも解消しました。それは例えばですがこの道を通ると悪いことが起こるとか、

 

この動作をすると今日は一日悪いことが起こるといった思い込みをなくしてあえて次の日からその道や行動をとってみたりして思い込みをなくす方法です。

 

これも結構効果があったと思います。

 

これらのことを自分の中で発見してやり続けた結果一度も薬を飲まずに、また心療内科にかかることもなくなりました。

 

そして火の元も現在では2回~3回確認するだけに留まることができましたし、戸締りやコンセントを抜いたかどうかに関しては今では確認することはなくなりました。

 

それでもまだやっぱり不安になったりするのですが今ではてきとうに考えています。

 

まとめ

強迫症は重症になると外にでることすらもできなくなってしまいます。

 

またこれらの改善方法はあくまでも僕に効果があったやり方なので全員に対応できるわけではないかと思いますがやってみる価値はあると思います。

 

ただ、なるべく早めに診療内科に行かれることをおすすめします。病気について理解することはとても大切なことなので恥ずかしがらずに病院へ行ってください。

 

またこういった症状はあなただけではなくたくさんの人がなっていることも理解してください。なので一人で悩まずに相談できる人を見つけることも大切だと思います。

 

僕もまだ完治していませんがこれからまた良い方法とかがあったらご紹介します。また逆にこれらとは別にいい方法がありましたらご教授お願いいたします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

おすすめ記事一覧

-ひとり言(ネタ)
-,

Copyright© あめんぼブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.