キャンプギア(Main) 焚き火道具

UL時代が到来!チタン素材の「焚き火台」だけをまとめてみた!

 

焚き火台にはいろいろな素材がありますが、焼き色がついてカッコ良くなるのが「チタン素材」の焚き火台!

 

ステンレスとは違って超軽量の焚き火台ばかりなので、徒歩キャンプやツーリングキャンプの方にはもってこいの素材となっています。

 

チタン素材はやっぱりロマンを感じるよね~♪

 

また今ではただ素材がチタンだということではなく、組み立ての簡単さや撤収のお手軽さも求められています。

 

そこで今回はチタン素材だけの焚き火台を集めてみました!!

 

是非ULに興味のある方や今チタン素材の焚き火台を探しているかたには参考になるかと思います!!

 

 

 

チタン素材の焚き火台を厳選

チタンはロマン・・・

そんなチタン素材の焚き火台は数多くありませんが、なかなか探しずらかったりします。

 

そこでチタンLOVEのみなさんにチタン素材だけに的を絞って焚き火台をまとめてみました♪

 

【テンマク】男前ファイアグリル

参考:tent-Mark

 

総重量約500g
耐荷重4kg
サイズ(組み立てサイズ)250×200×150(高)mm
サイズ(収納サイズ)310×165×15(高)mm
収納ケースあり

 

今ではおなじみのブランドの「テンマク」から出されている焚火台!

 

こちらはオールチタン素材で出来ている超軽量モデルの焚き火台です!

 

重量はなんと500gとオールチタン素材を生かした超軽量の焚き火台なのに耐荷重が4kgとゴリゴリの料理もできる仕様となっている!(調理の時には専用の五徳を別で購入する必要があります。)

 

その他にもV字型の形状であることから、ワンタッチで広げてすぐに使うことができるのも大きなポイントとなっている。

 

使う時も収納するときも変に手間が発生しないノンストップで使うことができるのはテンマクならではの開発力だと言える!

 

ポイント

・重量はなんと500g!

・耐荷重が4kgと大きい鍋を置いて調理することも可能!

・ワンタッチで広げてすぐに使うことができる!

・サイズ感もソロにはかなりおすすめだと言える!

 

【ベルモント】TABI

参考:ベルモント

 

総重量約423g
耐荷重約5kg
サイズ(組み立てサイズ)237×360×170㎜
サイズ(収納サイズ)178×360×15㎜
収納ケースあり

 

ベルモントの焚き火台は根強いファンや個性的なキャンパーに人気の商品です!

 

形も独特なデザインで少々無骨感がありながらも料理や安全性を考慮された長く使える仕様となっている!

 

焚き火台には珍しい3本の脚があるのでしっかりと火床を安定させ、安全に焚火を楽しむことができる。

 

そのおかげもあってか火床の耐荷重はなんと15kg!!

 

また一度きりではなく長く愛用できるようにパーツの供給を安定させるためのデザイン設計もされているのだとか!

 

ポイント

・焚き火台では珍しい個性的なデザイン!

・脚が3本もあるので火床が安定する安全設計となっている!

・火床の耐荷重は15kgもあるのでガンガン薪を突っ込むことができる!

 

【AZUMOA】鐵火-Kurogane-ソロチタン

参考:AZUMOA&山口鐡工所

 

総重量約1kg
サイズ(組み立てサイズ)260 × 210 × 155mm
サイズ(収納サイズ)165 × 210 × 15mm
収納ケースあり

 

MAKUAKEで大ヒットした商品のソロチタンモデル!

鐵工所の職人が手作りしている焚火台なので安定性や丈夫さがポイント!

 

ステンレスのソロ焚き火台もあるがこのチタン製の焚き火台はそれをはるかに超える耐久性と軽量性を兼ね備えている!

 

ソロモデルのこちらはA5サイズとかなり収納性にも優れているのでツーリングキャンプのバイカーにもおすすめの1台と言えるだろう。

 

耐荷重については記載がなかったが、大型のダッチオーブンが載せられるとあるのでソロではオーバースペックと言える耐荷重だと言える。

 

これだけロースタイルの焚き火台なので直火気分を味わうこともできるのではないだろうか?

 

ポイント

・A5サイズの収納力があるのでツーリングキャンプにも向いている!

・大型のダッチオーブンも使用可能!

・ロースタイルなので直火気分を味わうこともできる!

 

【VARGO】チタニウム ファイヤーボックスグリル

 

重量約158g
サイズ(組み立てサイズ)205x205x80mm
サイズ(収納サイズ)205x110x20mm
収納ケースあり

 

なんと出ました!驚異の約158gという信じられないような重量!

これだけ軽かったら登山キャンパーにもおすすめの焚き火台といえるのではないか??

 

またサイズもソロにはもってこいのコンパクトサイズとなっている!

またバーゴの商品をいくつか使っているがこの組み立ても驚くほど簡単というのも大きなポイントと言える!

 

これだけコンパクトで超軽量であれば、オートキャンプはもちろんだが、徒歩でキャンプ、そのほか登山にも最適解の焚き火台となることは間違いない!

 

またデザインや色も無骨感があってどこか男心をくすぐられる雰囲気となっている。

 

ポイント

・驚異の本体重量が158gと信じられない重量!

・オートキャンプや徒歩キャンプ、または登山キャンパーにもおすすめできる焚き火台!

・収納もコンパクトなのでリュックの隙間に入れておくことができる!

 

【Wika】FlexFire6

 

 

重量828g
サイズ(組み立てサイズ)200x173mm
サイズ(収納サイズ)173x173x7mm
素材ステンレスチタン合金

参考:FlexFire

 

クラウドファンディングで1000万円以上を獲得したドイツ生まれの焚き火台「FlexFire」です!

 

この焚き火台はあらゆる熱源に対応していて、ガスやアルストの五徳としても使うことができる作りになっています!

 

もちろんバッグで携帯できるように極薄サイズとなっている。

 

1枚1枚プレートで組み立てるようになるのでもちろんお手入れも簡単なので掃除もラクラク出来てしまいます。

 

FlexFire6なら大きめの薪も入れることができるのでコンパクトなのに迫力のある焚き火を楽しむことができるようになっている!

 

ポイント

・技術大国ドイツの焚き火台!

・あらゆる熱源に対応できる!(ガス・アルスト・薪)

・極薄素材なのでバックに収納可能!

 

【Bush Craft Inc】Ultra Light Fire Stand

参考:Bush Craft Inc

重量352g
サイズ(組み立てサイズ)350×440×80mm
サイズ(収納サイズ)440×70×70mm
火床ステンレスメッシュ

 

ブッシュクラフトからでたULの焚き火台!

このULの驚くべき重量がなんと352gという超軽量モデルとなっている!

 

しかもこの焚き火台のポイントは直火の雰囲気を楽しむことができるというところではないだろうか。

 

別売りのステーブルスキッド2本セットを買えば焚き火五徳を乗せて調理をすることも可能となっている。

 

一切無駄なデザインを省いたフレームと火床だけのいかにも「焚き火」という最大の目的を損なっていないところにブッシュクラフトのコンセプトを感じます!

 

これぞ無骨な雰囲気を楽しみつつULを最大限にした焚き火台は人気が出る予感がしますね♪

 

ポイント

・チタンフレームにより重量がなんと352g!

・直火の雰囲気を最大限に楽しむことができる!

・組み立ても撤収も簡単にできる!

 

チタン焚き火台 まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

素材の中でも熱に強く超軽量を実現するチタン素材はロマンの塊です!

 

実際のクチコミでも満足のいく焚き火台ばかりです。

チタン素材の焚き火台は数少ないですが、今チタンブームと言われているのでかなり種類も増えてきたように感じます!

 

今後も他にチタン素材の焚き火台がありましたら更新してきたいと思います♪

-キャンプギア(Main), 焚き火道具
-, ,

© 2021 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5