キャンプギア(Main)

【計算してみた】初めてソロキャンプにかかる費用はいくら?

 

 

ソロキャンプを始めようと思っている方や実際に他の人がいくらぐらいかけて今のスタイルを築いたのかをご紹介したいと思います!

 

ソロキャンプはそもそもファミリーキャンプと比べるとほとんどお金はかからないスタイル♪

 

ですが・・・

 

ソロキャンプは「沼」というものが存在しており、知らぬ間にずぶずぶと沈んでいくとどんどんお金が飛んでいくものです。

 

では実際にいくらぐらいかかっているのかをここで一度計算をしてみたいと思います。

 

あくまでもこれは僕自身のスタイルとなり、一度で揃えたわけではなく何年もかかってここまで来たということ!

 

沼に落ちてロマンを追いかけるとこうなるってことを分かってくれ!www

 

ただ今後ソロキャンプをしてみたいという方は今後このぐらいかかる可能性もあるのかというところで読んでもらえると嬉しいです♪

 

 

 

テント(夏用・冬用)

テントは今夏用と冬用とで使い分けて使っていますが、まず結論から言うとオールシーズンで考えるとテントは大体5万円ほどで抑えられることが出来ます!

 

ほとんどの方がオールシーズンで使っている場合が多いと思います。

季節ごとにテントを変えるということになると結構高くなってくる!

 

僕の場合は暖房器具も使うから季節によってテントを変えているよ!

 

【夏用テント】GSテント

 

金額 約49,500円

こちらはグリップスワニーのGSテントです。

パップテントと呼ばれるテントになっていてソロキャンプにはかなりおすすめのテント!

 

ソロキャンプ用ではあるが寝場所以外にクーラーボックスやバックパックも置けるほどのスペースが開いているのでかなり十分な広さと言える。

 

その上設営も5分もかからず完了できるし、撤収もすぐにできる仕様になっている。

 

ただひとつ問題点を挙げるとすると、ポールが3つにセパレートしていて、いちいちはめ込まないといけないところぐらいだがここは別のポールで対処できる!

 

それ以外はかなり優秀なパップテントです!

やっぱり見た目がカッコイイのが使っていても気分が良い!

 

気になったら一度読んでほしい!(おすすめのポールも紹介してます)

【開封レビュー】グリップスワニーの超無骨なGSテントを徹底解剖!

  軍幕にも手を出したけどやっぱりグリップスワニーのGSテントがどうしても欲しくて買ってしまいました!!   今はテンティピ・ジルコン7CPのテントを使っていたが夏に使うにはどうし ...

続きを見る

 

【冬用テント】テンティピ ジルコン7CP

金額 約170,500円

 

テンティピはテントの中でも高級テントと呼ばれるランクに入る!

ただ値段相応のスペックを兼ね備えているのは間違いない!

 

それぐらい一番気に入っているテントです!

まずポイントとしてはなぜ冬用に使っているのかというと薪ストーブ専用の煙突を出す穴が標準でついているので余計な穴あけ作業などが必要ない。

 

その上テントの中央あたりにストーブをインストールすることができるので暖房効率が非常に良い。

 

また薪ストーブと言えば一酸化炭素中毒問題もあるが、このテントの場合トップとボトムにベンチレーターがあるので換気能力も高い!

 

そして一番感動するのがこのテントに使われている生地がハイスペック生地なので結露することがありません!

 

なのでテントが乾くまで撤収を待つこともなくすぐに畳むことが出来ます。

 

値段は高いがそれ以上の快適さを約束してくれる最高のテントです。気になったらこちらの記事も読んでみてください♪

【テンティピ】ジルコン7CPはソロキャンプが超快適に!徹底解説!

    ついに僕も高級テントと言われるテンティピを購入することができました!!   その中でも中間モデルである「ジルコン 7CP」をソロ用に購入し、実際に高級テントがどの ...

続きを見る

 

調理器具など一式(クーラーボックスetc…)

調理器具は細かい道具が多くて欲を出すとかなり荷物も増えてお金も飛んでいきます!

 

ですがクーラーボックスにはお金をかけた方が後々買い替えることがないと思います!

 

調理器具ではおおよそで13万円ほど・・・

ただここで勘違いしないでください!これはあくまでもかけすぎた場合なのでもっとこれよりも安く済むはずです!

 

【クーラーボックス】ORCA 20QT

金額 約35,000円

以前まで26QTサイズを使っていたが、ソロキャンプに持って行くときに若干の疲労があったので20QTを新調!

 

この20QTにしかないハンドルがソロキャンプでの行動をより快適にしてくれる!

 

20QTだとお酒をたくさん飲む人には向かないが、たしなむ程度で飲んだり食べたりする人であればかなりおすすめできるクーラーボックスです!

 

クーラーボックスの効果については言うまでもなくめちゃくちゃ持ちます!

あとはたくさんあるカラーから選べるのもORCAの魅力だろう!

 

もし気になる場合はこちらの記事も読んでみてください♪

【オルカ クーラー】20QTはソロキャンプ最強説!26QTとの比較も!

  夏も近くなってきてクーラーボックスをお探しのそこのあなた! オルカのクーラーボックスはいかがでしょうか??   以前にORCA(オルカ)のクーラーボックスなら26QTをおすすめ ...

続きを見る

 

【グリル】B-6君 Titanium

金額 約20,350円

 

やっぱりキャンプと言えば焼き鳥とか肉を焼くことが多くなるのですが、そこで一番使っているグリルは笑‘sのB6君です!

 

B6の中でも軽量のチタン素材のグリルを使っています。

B6君の中でも超高級グリルになるがこれがまた最高のグリルだということ!

 

コスパを求めるなら確かにチタンを選ぶ必要はなのだが、キャンプギアはやっぱりロマンが必要・・・

 

っということで僕の場合高いですが、長く愛用できてさらにロマン欲を満たすことのできるチタン一択になっていた!

 

チタンにしかないデザインとチタンでしか表現できない焼き色はこのチタン素材でしか表現できません!

 

焼き鳥を一人で焼き焼きしながらしっぽりとお酒を飲むこれだけでキャンプを楽しめる最高の相棒です。

 

もし気になる場合はこちらの記事も読んでみてください♪

笑's『 B-6君 チタン』ソロキャンプには最強グリルで確定だった!

  B-6君と言えばあの有名なアニメ「ゆるキャン△」で主役のりんちゃんが使っていることからかなり人気が出ている商品です!!   過去にB-6を一度スルーしたことがあったそこのあなた ...

続きを見る

 

その他調理器具一式

調理器具では食べたい料理によって使い分けている部分があるが大体いつも持って行っているメンバーだけを集めてみました!

 

今の先発メンバーだと大体の料理は網羅できる調理器具となっている。

ここではそれぞれの紹介というよりも一気にご紹介したいと思います!

 

フライパン Turk(ターク)26cm 24,150円
飯盒 メスティンS 1,760円
クッカー MSR 2,860円
スパイスボックス オレゴニアンキャンパー 3,520円
フォーク・スプーン ユニフレーム 690円
コーヒーミル ポーレックス 6,930円
コーヒー豆入れ 東屋 茶筒 7,700円
ドリッパー キッカーランド 1,760円
ククサカップ コイヴマー 19,800円
ナイフ オピネル No10 2,480円
バーナー SOTO アミカス 5,280円
ガスカートリッジ SOTO 638円
アルコールストーブ トランギア 2,750円
アルコール燃料 ケンエー*3 1,480円
アルコールボトル トランギア フューエルボトル 3,080円
五徳 バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ 6,477円
ケトル ユニフレーム 4,680円

 

もちろんここまでひとつひとつに金をかけなくても良いのだが、キャンプにハマっていくとやはりそれぞれでいい物がほしくなる!

 

調理器具だけでもザックリ計算で結構いってるね・・・(汗)

 

調理器具はなかなか削れる部分がないというのと、安く収めているところもあるがやっぱりコップとフライパンは長く使いたいからかかっちゃうね(汗)

 

可能であればクーラーボックスにはお金をかけて置いた方があとあと買い直す必要がなくなるのでおすすめです!

 

ポイント

・クーラーボックスは価格=効果が如実に出やすい!最初から高スペックを揃えるのもGOOD!

・クッカー系は結構お金を抑えられることが多い!

・調理器具はかなり細かいところが多いので深堀すると沼に落ちる!

 

寝具類(暖房類も含む)

寝具類も求めなければかなり抑えられるところにはなるが、季節によってはかなり高くなる傾向がある!

 

冬は特にダウンシュラフというラスボス級に高い道具も必要になってくるのでソロキャンプを始めるのであれば夏からがおすすめになる!

 

なのでここでは費用に大きな開きが出るので、夏だけに限定すると5万円もあればおつりが出るぐらいです。

 

【コット】ヘリノックス コットワンコンバーチブル

金額 約39,050円

 

今ではコットもたくさんのブランドから出ていますが、やっぱり寝心地がいいと思ったのがヘリノックスのコットワンです!

 

ヘリノックスの中でもコットは合計で3種類ほどのモデルが出ているが、高さを調整できるパーツを付けられるのがコットワンになる。(コットレッグは別売り)

 

この脚をつけることで冬場は底冷えを防ぐことができるし、道具をコットの下に収納しておくことができるのでテント内のスペース確保にも重宝する!

 

またコンパクトに収納することもできるし組み立ても簡単なところもGOOD!

 

数年使っても生地にへたりを感じないところがやはりヘリノックスクォリティの凄い所だと思います。

 

 

その他必要な寝具類

寝具類は夏だけに限定をするとそこまでお金がかからないのが事実!

 

まず夏の場合だと体を少しあたためられるようなブランケットさえあればしのぐことが出来る!

 

ただ冬になると専用のダウンシュラフが絶対に必要になります!

それ以外にも薪ストーブや必要な場合にはシュラフカバーなど・・・

 

なので夏と冬では大きく金額が変わるのがこの寝具系の道具になります!

 

ちなみに冬のダウンシュラフなどを計算するとこんな感じになります。

ダウンシュラフ ISUKA AIR900SL 45,000円
シュラフカバー ISUKA ゴアテックス 23,650円

 

その他もし冬キャンプを始める場合には、薪ストーブか灯油ストーブなどの暖房器具が必要になってきます。

 

長く続けられるか分からないときは暖かい時期からスタートするのがおすすめだぞ!

 

ランタン・ライト類

 

ランタンに関しては「オタク(コレクター)」なのでここはちょっと計算すると異次元になっちゃうのでオーソドックスなところで計算します!

 

ランタン類でいうと大体少なくとも3万あたりがかかるんじゃないか??

 

ただオイルランタン以外にもLEDランタンを持って行っています!

ソロキャンプではライトは2種類あると便利だと思っています!

 

テント内を明るく出来るのはやっぱりLEDの方が効率が良い!

オイルランタンはやっぱり雰囲気作りとしては最高!

 

LEDランタン・ヘッドライト

 

オイルランタン以外のLEDだと大体このあたりを持って行っている!

LEDランタン ゴールゼロ 4,245円
LEDランタン レッドレンザー 4,950円
LEDヘッドライト ブラックダイヤモンド 4,100円

 

この中でもヘッドライトはかなりソロキャンプでは重宝する!

特に両手がふさがっている状態で暗い道を歩くときに驚くほど感動できる!

 

ヘッドライトだけは絶対持っておいた方がいいぞ!

 

オイルランタン

 

オイルランタンでは大体4個ほどいつも持って行っています。

ヴィンテージランタン 複数 もはや金額言えないww
パラフィンオイル スター商事 2,057円
フューエルボトル SOTO 2,477円
ランタンケース バリスティックス 7,040円(サイズによる)
ランタンケース アルバートル 5,800円
じょうご 100均 110円

 

オイルランタンだとこんな感じかな~

特にアルバートルのマルチギアコンテナはランタンを複数個まとめるのに凄く優れているケースです!

 

今まで複数個を手に持って行くのが凄く煩わしかったけど、このコンテナを買ってから一度に持ち運べるので凄く楽です!

 

 

しかも万が一ぶつかったとしても2重のランタンケースなので安心です!

 

もしよかったらこちらのマルチギアコンテナについてもまとめているので読んでみてください!

アルバートル「マルチコンテナ」は見た目も質も最強レベル!

  キャンプギアは細かい物が多すぎて一つにまとめるコンテナが欲しいな~ でも重たいのは嫌だし、軽くて丈夫なのが欲しい~   という方に凄くおすすめのマルチギアコンテナを今回ご紹介し ...

続きを見る

 

ヴィンテージのオイルランタンについてもっと知りたい場合にはそこそこアップできるものは記事にしているので良かったら見てみてください!

 

ファニチャー類(テーブル・チェアetc…)

 

ここに関してはその他のテーブルとかチェアとかをメインにしたファニチャー(家具)を紹介します!

 

ファニチャー系は大体3~4万ほどあれば足りると思うぞ!でも僕の場合はカーミットチェアを買ったりしてたから結構使ってた(汗)

 

正直キャンプなんてテーブルとチェアさえあえれば快適にキャンプをすることが出来ますが、ここはロマン枠で考えてみましょう!www

 

 

テーブル ユニフレーム 焚き火テーブル 7,900円
チェア カーミットチェア 43,000円
ハンガー ミニマルワークス インディアンハンガー 7,150円

 

テーブルに関してはユニフレームの焚き火テーブルが個人的にはかなり優秀なテーブルだと思ってる!

 

熱いものも載せられるしすぐに組み立てや撤収もすることができるのがお気に入り!

 

あとはカスタム品なんかも販売されているので自分好みのスタイルにも変えることができる。

 

チェアに関しては以前までヘリノックスを使っていたが、パップテントのスタイルに合わせる為にカーミットチェアを購入した!

 

僕はカーミットチェアの座り心地がかなり気に入っているので凄く満足しています!

【エモいチェアで最強】カーミットチェアの魅力をご紹介します!

  今カーミットチェアを検討している方はすごく多いのではないでしょうか??   値段や入手の難しさがネックの部分ではありますが、カーミットチェアは間違いなくキャンプが楽しみになる最 ...

続きを見る

 

ただ値段だけは可愛くないんですよね…(汗)

 

そのほかミニマルワークスのインディアンハンガーも使いやすくて便利なのでおすすめです!

 

 

ナイフとかその他カップなどもぶら下げておけるので凄く便利です!

ぶら下げておくとなくす心配もなくなるのでおすすめだぞ!

 

良かったらこちらのインディアンハンガーについても記事を書いているので読んでみてください♪

【ミニマルワークス】インディアンハンガー1つで超おしゃれになる!

  キャンプに行くと毎回「あの道具をどこに置いたっけ???」っという体験をしたことはありませんか??   ソロキャンプでもファミリーキャンプでも結構キャンプ道具は細かい物が多いし、 ...

続きを見る

 

焚き火道具類

 

焚き火に関しては焚火台によって結構値段が大きく変わってきます。

 

高いものだと結構するものがありますが、1万円以下で手に入るものもあります!

 

焚き火道具だとざっと6万ちょっとぐらいですかね…斧とかぶっちゃけ必要なかったりもするからそう考えると3万円ちょっとで揃えられますね!

 

焚き火台 モノラル ワイヤーフレーム 18,480円
スタッパシート ロゴス 1,980円
薪バサミ テオゴニア 3,980円
火吹き棒 アシモクラフツ アシブラスター 8,600円
カレスアンドニーベン 31,800円

 

焚き火台に関して言うと軽量で組み立て簡単っていうのをポイントに探してたのでモノラルのワイヤーフレームになりました!

 

やっぱり組み立てやすいっていうのは負担がすくなくなるから凄く良いんだよね!

 

 

めっちゃランタンがメインに映ってますがおくにあるのがワイヤーフレームです!www

 

ただワイヤーフレームの場合灰が落ちることが良くあるのでスタッパシートも使ってます!

 

あともう一つポイントなのが斧ですかね~

このカレスアンドニーベンの斧はなかなか持っている方も少ないので珍しい斧です!

 

 

凄くデザインが洗練されている斧ですよね!

ただデザインだけが良いだけではなく、切れ味もグリップ感も素晴らしく良い斧です!

 

下の方にはトナカイの角が付いていたりしていてなかなか珍しい斧です!

 

もしこの斧がきになったら記事にしているので読んでみてください♪

【カレスアンドニーベン】芸術品のような斧が最高すぎる!

  他の人とは違う手斧(ハンドアックス)が欲しいと思いませんか??今カッコいい斧を探しているという方には朗報になるかと思います♪   他のキャンパーが使っている斧と被ることがめった ...

続きを見る

 

総額はいくらなのか?

思いつくあたりが大体これらのものですが、では実際いくらぐらいかかっているのでしょうか??

 

大体で40万円ほどぐらい!

 

夏に絞っての話にはなるがソロでロマンを求めると大体このぐらいの金額はかかりました。

 

実際にはヴィンテージランタンとかの費用とかバックパックとかファーストエイドキットとか登場していないギアを含めるともっと行くとは思うけど、基本の道具でロマンを追うとこのぐらいになるんだな~って覚えておいてください!

 

逆に言えば多く見積もってもこれ以上はかからない段階でソロキャンプをもちろん始めることができます!!

 

ただもっと追い求めるとこれ以上は余裕でかかるかもね!www

 

でもある意味使っているものを長く使い続けることができるし、一生の趣味にすることもできるのだからコスパは良いんじゃないかな♪

 

ただ何度も言いますがソロキャンプをこれから始めようという方は夏の方がお金がかかる部分が少なくなるのでおすすめです!

 

ソロキャンプ費用 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

キャンプはお金のかからない遊びとされていますが、かなりの確率で沼に落ちます!そうなるとお金がどんどんかかる遊びです!

 

ソロキャンプには色々なスタイルがあったりするのでもちろんお金をかけなくても全然楽しむことが出来ます!

 

是非参考にしてみてください!

-キャンプギア(Main)
-,

© 2022 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5