キャンプギア(Main) 焚き火道具

【ミニマルワークス】インディアンハンガー1つで超おしゃれになる!

 

キャンプに行くと毎回「あの道具をどこに置いたっけ???」っという体験をしたことはありませんか??

 

そもそもソロキャンプなのでわざわざ棚を持って行くのも面倒だったりしますし、結構キャンプ道具は細かい物が多かったりするので一度置いた場所を忘れると大変です。

 

特に火吹き棒や火ばさみ、そしてコップやグローブなど焚き火の時よく使う道具を探すことが多かった気がします。

 

夜になると道具をあちこち探し回ることが多くて大変でした…

 

ただミニマルワークスの「インディアンハンガー」を購入してからは探し物をすることもなくなり、さらにキャンプがおしゃれになりました!!!

 

ということで今回は今話題のミニマルワークスの「インディアンハンガー」をご紹介したいと思います♪

 

 

 

MINIMAL WORKS

ミニマルワークスは韓国発のガレージブランドになり、ここ最近ものすごくキャンプ界隈でも人気ブランドとなっているんです!!

 

最近韓国や台湾発のブランドが急成長していますね♪

 

皆さんご存知のヘリノックスや今回ご紹介するミニマルワークスといい韓国のキャンプブランドは凄い勢いがありますね!!

 

今回ご紹介するミニマルワークスのインディアンハンガー以外ですと、「エジソンランタン」なんかもかなり話題になっている商品です。

 

参考:UNBY GENERAL GOODS STORE

 

今でも品薄状態でなかなか手に入れることが難しいこのガスランタン。

 

見た目が電球っぽいところがまたお洒落で素敵ですよね♪

 

今回はミニマルワークスの中でも一番これだって思っていたのが「インディアンハンガー」でした。

 

それでは早速インディアンハンガーについてご紹介したいと思います♪

 

【開封レビュー】インディアンハンガー

 

インディアンハンガーは今やキャンパーの必須アイテムと言っても良いほど、使い勝手もいいしコンパクトでなによりもおしゃれなキャンプ道具です!!

 

ただぶら下げているだけと思っていてはもったいない!

 

こちらはぶら下げるだけで道具を所定の場所でディスプレイと保管ができる最高のキャンプ道具なんです!

 

サイズは4種類

Sサイズ使用時 W520 x H440mm 収納時 H300 x D40mm
Mサイズ使用時 W660 x H750mm 収納時 H420 x D60mm
Lサイズ使用時 W990 x H1100mm 収納時 H440 x D80mm
XLサイズ使用時 W1010 x H1430mm 収納時 H480 x D80mm

ソロキャンプであればMサイズをおすすめします!ではなぜMサイズがおすすめなのかというと…

 

まずSサイズですが、これはもう買う前から候補から除外していました!っというのもまずキャンプのスタイルがロースタイルではあるのですがさすがに高さが低すぎる・・・

 

そしてインディアンハンガー最大の売りポイントでもあるぶら下げるためのフックが使えないということです!

 

 

注意ポイント

Sサイズは専用フックが使えないのでぶら下げることが出来ません!

 

次にLサイズですが、これはMサイズと同じぐらい一番迷ったサイズになります!!

 

高さが1100mmなので丁度良い高さで収納サイズもそこまで大きくもない!!

 

少々大きくは感じるかもしれませんが、ジャケットを乗せたりとかもできそうだし「大は小を兼ねる」とも言うしこのサイズでも全然問題はなかったと思います。

 

MサイズとLサイズの選択はかなり迷いました!

 

そして最後にXLですが、これがインディアンハンガーの中で一番大きいサイズになります。

 

ただXLにもなると何でもかけられるしそれなりの量もぶら下げられるのでこちらのサイズはファミリーにはいいのかもしれませんね♪

 

選び方としては家族の人数に合わせて購入するといいと思います!!

 

サイズポイント
Sサイズ専用フックが使えない
Mサイズソロ・ロースタイルには最適
Lサイズソロ~ファミリーにおすすめ
XLサイズファミリーにおすすめ

 

組み立て方法

 

インディアンハンガーの組み立て方法はめちゃくちゃ簡単です!!

 

専用のケースの中にはインディアンハンガーのポールだけが収納されているので、このポールをはめ込んで組み立てるだけとなります!!

 

 

テントの骨組みと同じようにポール結束式なのでとても早く組み立てをすることが出来ます!実際に組み立てたときには初めてでも約1分程で完成しました!!

 

ポールが結束式なので失くしてしまう心配もなくなります!

 

正直説明が不要な程ポールとポールをつなげていくだけなので特別に取扱説明書が必要ということは一切ありません!

 

 

この組み立てが終わったら別売りのフックを取り付けます!これもパチッとはめ込むだけなので簡単に取り付けが完了できます!!

 

取り外すときにも特に力も必要ないので簡単に組み立てとバラすこともできます!!

 

ポイント

・開封~組み立てまでの所要時間は約1程!

・フックは最後にぶら下げたい位置にはめ込むだけで完成です!

またこのフックについてですが現在2種類のフックが販売されています!!

 

ひとつが先ほど載せた固定式のフック。そしてもうひとつは回転式のフックになります。

 

 

実際に使ってみると固定式じゃなくて回転式の方が使い勝手が良いかもしれません。

 

固定式を購入してもそこまでのマイナスポイントではなかったのですが、一方向からじゃないと取れないというのは若干不便に時もありました。

 

 

なので今のところおすすめは回転式の方かなと個人的には思っています!

 

 

この使い方おすすめ

 

実際にいろいろぶら下げてみて使ってみましたが、この商品は焚き火ツールをぶら下げるのが一番使い勝手が良いと感じました!!

 

特に火吹き棒と薪バサミは焚き火の時にかなりの頻度で使用するので、使い終わったあと地面に置いたままにすると次使う時に暗くて分からなくなります。

 

地面に置いたままだと暗くて踏んづけてしまって壊すなんてこともあるかも…

 

それが椅子に座ったままハンガーにぶら下がっている薪バサミをとってまた引っ掛けるだけなので一連の動作が凄く楽になり失くすこともなくなります!!

 

 

キャンプがおしゃれになる!

 

 

ぶら下げておくだけでここまでおしゃれになる道具は今までになかったと思います!

 

いつもチェアとテーブルで殺風景だったのがハンガーがあるだけでこんなにも変わるなんて!!!

 

 

僕的にはミニマルワークスのインディアンハンガーは今年買って間違いなかったキャンプ道具ランキングTOP5には間違いなく入っているほどです!!

 

パップテントとの相性も非常に良かった!

 

 

ただミニマルワークスのインディアンハンガーは人気商品なので売っているときに購入しておくのが吉です!

 

そして専用フックに関しても欠品が続いていることがあったのでこちらも合わせて必ず購入しておきましょう♪

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

インディアンハンガーがひとつあるだけで焚き火の時間がさらに楽しく便利になります!それにおしゃれなキャンプにも大変身できるのでかなりおすすめのキャンプ道具ですよ♪

 

-キャンプギア(Main), 焚き火道具
-, , ,

© 2021 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5