キャンプ道具【大沼】 ランタンの沼【2の沼】

超貴重なランタン【HASAG ORKAN Nr.222】がカッコ良すぎ!

投稿日:

 

 

今年はこれで最後にしよう!最後にしようと思うと欲しかったランタンが舞い込んでくるのですが今回はかなり驚いてます!!

 

というのも今キャンプブームからビンテージランタンを購入したり検討したりする方も多いかと思います。

 

特にここ最近人気だったのがFeuerhandの75Atomとかは凄い人気ですよね!!

 

僕も75Atomのランタンは今でも一軍で使っていますしあのサイズがなんとも可愛くて気に入っています!!

 

ですが今回ご紹介したいのは75Atomと同じサイズで超が付くほどレアなランタンである「Hasag orkan Nr.222」をご紹介したいと思います。

 

おっ!あのランタン手に入れたのか!?っとお気づきの方はかなりのランタン好きですね~www

 

ということで今回は超入手困難の「Hasag orkan Nr.222」をご紹介したいと思います♪

 

HASAG ORKAN Nr.222

 

今回はHASAGのORKANシリーズをご紹介したいと思います!!

 

そもそもHASAGはオイルランタンでは結構有名な会社なのですが、HASAGなのかBATなのかMEWAなのか分からない方も多いかと思います。

 

確かに僕もかなり深く詳しいことは過去の文献が見つかりづらいことから分かりませんが、ブランドの継承による名前の変更というのが最も近いところのようです!!

 

そしてこのORKANシリーズはHASAGの独立開発から生まれたランタンなので正真正銘の混じりっけのないHASAGの完全オリジナルランタンということです。

 

ただこのORKANシリーズには並行してBATのORKANも作られています!!

 

参考:Lovelandlantern

 

BATのランタンは結構知っている方も多いかと思いますが、このBATからも出ていたので「BAT ORKAN」と「HASAG ORKAN」の計2種類が作られていたことになります。

 

このNr.777も欲しいんだよな・・・www(このNr.777については今後ご紹介できるかと思います!)

 

このBAT ORKANでも「666」「777」「888」とあり、HASAGも「222」「333」「444」と作られています!

 

そして今回はその中のひとつである「222」のご紹介になります!!

 

まずはランタンを見てみよう!

 

ではまず本体のタンク周りから見てみましょう!本当にこれがORKAN Nr.222なのかをチェック!!www

 

正面左側をみるとあのORKANの文字がエンボス加工されています!!

 

 

そして右側にはあの「222」の文字が・・・

 

 

素晴らしい!!そして正面のタンクキャップにもきちんと「HASAG」の文字が入っています!

 

 

なかなか社名がきちんと入っているキャップってあまり見ないのでこれもまた嬉しいポイントですね♪

 

このエンボスを見た時にやっと手に入れたんだな・・・っと嬉しくなったのを思い出しましたwww

 

サイズはあのランタンと同じ!?

 

HASAG ORKANを手に入れたあと「222」はやっぱり最高のサイズ感だと思いました!!

 

やっぱり小さいランタンは使い勝手が良くて程よく明るいのでソロキャンプで焚火との相性は抜群なんです♪

 

それで小さいのは分かったけどどのぐらい小さいんだよ!?っという疑問が出てくるかと思いますが、あのFeuerhandの75Atomとまったく同じサイズになります!!

 

 

っというのもあの時代(1937~1939年)にこのサイズのものを作る場合には75ATOMが作られていた同じ工場でないと作ることが出来なかったからです!!

 

なので同じサイズで作られていたんですね♪

 

でもこれを並べて見たときに、恐らく同じ工場でなかったらここまで細部まで行き届いたデザインや設計はできなかったんじゃないのかなと思います。

 

 

75Atomの方はレッドグローブなのでもちろん暗いですが、「222」の方はクリアグローブなのでめちゃくちゃ明るい!!www

 

でもこの小ささでこの明るさなら大満足のランタン間違いなしです!!

 

グローブガードがカッコイイ!

 

まずこのORKANで一番目を引くのがこのグローブガードじゃないでしょうか??

 

この上から差し込むタイプのランタンガードはFeuerhandの201を彷彿とさせるような見た目です!!

 

 

でもこのタイプのグローブガードは本当にカッコいいですよね!!渋いというか・・・とにかく見た目が個性的すぎる!!

 

しかもこれがあることによって倒したりぶつかった場合のグローブの割れを防ぐことがあるので機能性にも優れている設計だと思います。

 

このORKANのグローブもオリジナルグローブなので貴重だから割れたら大変・・・

 

 

ここまで綺麗にORKANと印刷が残っているのも珍しいかと思います。そして裏面にも綺麗にプリントが残っています↓

 

 

こちらはFROWOとHASAGのサプライヤーの会社だったところの「indifferent」のロゴが入っています。

 

そして、このランタンガードはとても簡単に取り外しが可能で、上に持ち上げるだけで取り外すことが出来ます!!

 

 

そして下にしっかりとはめ込めるとグラグラ落ちるということもないので非常に安心してグローブを守ることが出来ます!

 

ただそれにしてもこのサイズでこのランタンガードは本当にカッコいいです!!

 

使い方もいたって簡単!

 

このランタン見た目が個性的なので使い方もちょっと癖があるのではないのかな??っと思っていましたが全然シンプルな構造になっていました!!

 

良く皆さんが持っているFeuerhand276とかと全く同じです!!

 

まずは先ほどご紹介しましたランタンガードを最初に外します。

 

 

そのあとグローブが上部とフックでしっかりとくっついているのでこれを手前に倒してグローブを取り外します。

 

 

これがあることで上部のパーツと一体化しているんですね!!これもまたいいデザイン♪

 

そしてFeuerhand276と同様本体を上に引いてあげると・・・

 

 

このようにバラバラにすることが出来ます。ここで更に面白かったのがバーナーの部分です!!

 

 

これがまた面白い形をしている・・・こういう昔に作られている機能的な造形美が大好きです!!他のランタンではなかなか同じ形はないんではないでしょうか??

 

ちなみにこの芯は75ATOMと同様に2分芯を使っています!!

 

これで分解の仕方は終わりですが、実際に火をつける時は単純に本体上部を上に引いてあげて・・・

 

 

隙間から火を入れるだけなのでとても簡単な構造になっています。75ATOMの場合はレバーがありますがこちらは手動で上に持ち上げるだけです。

 

 

でもレバー式よりもこういった上に上げるだけの簡単構造の方が僕は大好きですwww

 

めちゃくちゃカッコいいデザイン!

 

機能面やサイズ感などいろいろありますが、なによりもやっぱりこの見た目がカッコ良すぎませんか???

 

もうそれだけで買ったようなものなんですけどねwww

 

今回は秋の紅葉と森の中で何枚も写真を撮ってみましたのでご紹介したいと思います!!

 

 

秋と言ったら紅葉なので一緒に撮影してみましたがこうやって写真を撮ると映えるな~www

 

 

そしてお次は森の中でも撮ってみましたがやっぱり「222」は森の中の方が似合うのかもしれません!!

 

 

これめちゃくちゃカッコ良くないですか??このランタンの渋くてどこか怖い部分が森のホラーっぽさを少し出しているようにも見えますwww

 

 

うーんめちゃくちゃカッコいい、もうこの言葉しか出てきていませんが本当に実物はもっとカッコいいんですよね♪

 

 

そして最後に番外編になりますが、やっぱりビンテージランタンは歴史の流れとともに生きているということを表現するのに川で取ってみることにしました!!

 

 

川の水が時の流れを表現されていて、それでも石の上に立っているところがこのランタンの権威を表現できたんじゃないかな!?www

 

そして最後にはやっぱり灯している写真じゃないと締まりませんね!!

 

 

いろいろランタンを収集してきたけど今このランタンが1位に入るほどの美しさを持っているのは間違いありません!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

今回はHASAG ORKAN Nr.222をご紹介いたしました!!

 

小さいけれど個性的で男らしさもある見た目がとても気に入っています。

 

今後はBATの777を入手してご紹介が出来ればと考えていおりますwww

 

おすすめ記事一覧

-キャンプ道具【大沼】, ランタンの沼【2の沼】
-, , ,

Copyright© あめんぼブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.