キャンプギア(Main) 焚き火道具

笑'sのB-6君(チタン)ソロキャンプでは最高の「大人の道具」だった!

 

B-6君と言えばあの有名なアニメ「ゆるキャン△」で主役のりんちゃんが使っていることからかなり人気が出ている商品です!!

 

過去にB-6を一度スルーしたことがあったそこのあなた!!いやもしくは今検討しているそこのあなた!!

 

B-6君は間違いなくソロキャンプをしているあなたには絶対に買って間違いないキャンプ道具だと僕は断言します!!

 

それぐらい今回久しぶりに買って良かったと思っているグリルに巡り合えたと僕は思っています。

 

過去に検討だけしたことはあったけど、もしできるならその時の自分をぶん殴ってやりたいwww

 

それぐらいB-6君は使い勝手が良く、ソロキャンパーの心をくすぐる商品だなと購入して使ってみて初めて分かったことです!

 

もうこれ以上の前置きは終わりにして、早速「B-6君(チタニウム)」の商品について開封レビューと使ってみて気づいたことをご紹介したいと思います♪

 

 

 

B-6君には2種類ある!

 

今回ご紹介するのは笑'sさんが作られている「B-6君」の中でもチタン素材の方についてご紹介したいと思います!!

 

もうご存知の方もいるかもしれませんが、B-6君には2種類(素材の違い)販売されています。

 

ひとつはステンレス素材でてきているノーマルなB-6君!!

 

収納サイズ約181mm×122mm×18mm
組立サイズ約215mm×122mm×165mm
重量約500g
素材0.6mm厚ステンレス・リベット

参考

・B-6君のスタンダードモデル!

・金額も低価格なので手を出しやすいエントリーモデルです!

そしてもう一つがチタン素材で出来ているB-6君です!!

 

収納サイズ約181mm×122mm×29mm(メッシュ収納時)
組立サイズ約215mm×125mm×188mm(メッシュ装着時)
重量本体約240g+チタンメッシュ約60g=約300g
素材0.5mm厚チタニウム(純チタン2種 TP340)

参考

・チタン素材で出来ているのでさらに軽量化!

・値段はかなりお高めだが、前面に「TITANIUM」と型抜きされていてこれがまたカッコいい!

・特別感と高級感を併せ持っている、人と被りたくない方にはおすすめ!

チタン素材の方はステンレス素材のB-6君と比べるとまず本体だけでも約50%も軽くなっています!!

 

それにB-6君には付いていないチタンメッシュの網がついているのでわざわざ網を買わずにすぐに調理することが可能となっています!!

 

その変わりと言っては何ですが、ノーマルのB-6君には五徳が付くようになります。

 

この2つの素材から展開されているB-6君ですが、僕はチタン素材のB-6君の方が圧倒的にデザインもカッコいいと思っています。

 

特に前面についている「TITANIUM」という文字が炎に照らされてめちゃくちゃカッコいいだろうなっていうのがほとんど大きな決め手となりました。

 

それ以外にもチタン素材にするメリットとして・・・

 

チタン素材のメリット

・サビに強い(浜辺でも使える)

・熱に強い

・チタン特有の焼き色が付く

・超軽量

大きなポイントはサビに強いことで長く使うことができると考えると少々高くてもお値打ち感があるかと思います!

 

結局キャンプ道具って高くてもカッコ良くて長く使えるものが一番だよ

 

【開封レビュー】B-6君 Titanium

 

B-6君のTitaniumが到着したので早速ですがどれぐらい軽いのか持ってみたところ「本当に軽い」!!

 

もう持っているのか持っていないのか分からないほど軽い!!さすがに300gのグリルってそうそうないんじゃないかな!?

 

そして開いてみたところそこまで素材に厚みは感じませんでしたが、壊れる心配はなさそうです!

 

早速ですが組み立てをしてみようと思います♪

 

組み立てもめちゃくちゃ簡単なので取説を一回さら~っと見るぐらいで全然組み立てられます!!

 

組み立て方法

① まずチタンメッシュ(網)に本体が収納されているのでこれをスライドして取り外します!!

 

 

② 畳まれている本体の中にロストル等のパーツが入っているので引っかからないように調整しながら左右の両側板を起こします!

 

この時0.6mm厚しかないのでいくらチタンだからといって無理に起こしたりするのは禁物です!!

 

 

 

③ 起こし終わったら背面版2枚をスリットに挿し込みます。

 

このTitaniumと書かれている文字がなんともカッコよすぎてみとれちゃいます~

 

 

 

④ ロストルをはめます(欠けているところが丁度外側を向くようになります)

 

 

ロストルは凸になっている面が表面となるので注意しましょう♪

注意ポイント

ロストルは地面から浮いている状態が正解になります!床板とくっつけないようにしましょう!下記は間違いです✖

正しい状態だとこのように床板との間に隙間ができるようになります!

 

 

 

ロストルが床板とくっついている状態では燃焼効率も悪くなってしまい、灰も下に落ちなくなってしまうので注意しましょう!!

 

⑤ 最後に専用のチタンメッシュを置いて完了です!

 

これで完成です!!めちゃくちゃ簡単ですwww

 

 

もうこの時点で雰囲気がバンバンに出ていて、これからちまちま焼く時間を楽しませてくれそうですw

 

 

さっそく使ってみよう♪

ソロキャンプでおひとり様用グリルを楽しむんだったらやっぱり「焼鳥」と「秋の味覚」を楽しむのが良いだろう・・・

 

ということで今回は居酒屋システムを構築してみました!!

 

まずは炭を熾してみたところ、燃焼効率が良くてすぐに炭を熾すことができます!!

 

ここで早速あのTitaniumの文字が火の明かりで浮き出ているのを確認!!

 

まぢでかっこいい…ステンレスのB-6君では表現できないTitaniumだけに与えられた称号がきちんと出ている♪

 

ちなみにですが、炭を入れるとそれなりにテーブル部分が熱くなるのが分かるので木製テーブルの上では使わない方が良いと思いました!

 

今回使用しているのはユニフレームの「焚き火テーブル」というステンレスで出来ている天板なので熱いものを乗せても全く問題ありません!!

 

 

それでは早速ですが、今日のメニューをご紹介いたします♪

 

本日のお品書き…【松茸の炭火焼き】【焼鳥】【熱燗】の3種で味わう秋の味覚でございます!!

 

早速松茸をちびちびと焼いてみることに♪

 

 

燃焼効率が良く、炭までの距離が近すぎず遠すぎないのですぐに真っ黒に焦げたり半生だったりすることはありません!むしろかなりいい塩梅に焼くことが出来ます!!

 

この松茸を焼いている間に熱燗を作っておきましょう♪

 

ケトルの蓋をとってそこに熱燗を入れて温めるのがおすすめです!

 

お湯の量も丁度よく、たまに白湯を飲みたくなったらケトルを傾けて入れることができるので一石二鳥の熱燗システムなんです!

 

 

そして熱燗の時にはアルスト(アルコールストーブ)で温めるようにしています。逆にバーナーだと熱くなりすぎるので、ゆっくりじっくり温められるアルストはおすすめです!

 

この時五徳はバーゴのチタン五徳を使っています!!

 

 

これで熱燗を作るシステムは完了です!!

 

 

これがもう…めちゃくちゃうまい!!肌寒い季節に松茸を焼いて食し、そして熱燗でくいっと一杯いただく…至福とはこういうことを言うんではなかろうか??

 

松茸を堪能した後はメインディッシュの焼き鳥を焼いてみましょう!!

 

 

B-6君は焼き鳥4本程度焼けるスペースがあるので、ソロでは十分すぎるぐらい丁度良い量を焼くことが出来ます!!

 

軟骨と一緒に焼くなら3本が限界といったところです!

 

 

ポイント

焼き鳥が4本焼けるぐらいが丁度よく、これが6本焼けるようになると恐らく食べるのに忙しくなります!B-6君はゆっくり回しながらお酒を飲むことができる最適なサイズ!

 

もう一つ良かったポイントとしては、焼き鳥って上と下で焼けるバランスがずれることありませんか??

 

B-6君を使って分かったのが焼き鳥でも端から端まできちんと焼けるようにサイズが設計されている!このサイズ感のおかげで生肉を食べることはなさそうです!

 

 

この居酒屋システムはB-6君なしではなしえなかったと思います♪

 

本当にソロキャンプでこのちまちまと酒をのみつつ、焼き鳥とか好きなものを焼ける楽しみは至福の時間でもあったし、なによりもすごく楽しかったです!!

 

 

B-6君を買ったら揃えたい道具

B-6君を買ったら是非揃えたほうが良いパーツというか道具があります!!

 

もちろんですが、B-6君にもいくつかオプションパーツもあるのでそちらも合わせてご紹介したいと思います。

 

まず今回B-6君を買ったときについてきたケースなんですがかなり味気ないケースだったので、テンマク(テントマーク)から販売されている「焚火ツールケース」を購入しました!

 

付属のケースはなんか会社の経理がつかっているようなものだった!

 

 

この少々無骨っぽさがあるケースが気に入った♪

 

こんな感じでB-6君がスッポリとハマるサイズになっていて、尚且つおしゃれな感じが漂っていますよね!

 

 

せっかくチタンのB-6君を買ったのでケースもきちんとしておきたかったのですが、これには大満足です!

 

注意ポイント

焚火ツールケースは良い意味でジャストフィットなので、別売りのグリルプレートを一緒に収納することが出来ません!ただし付属のチタンメッシュ(網)かグリルプレートのどちらかひとつにすれば収納することができます。

 

今回チタンメッシュの網だけでは肉を焼くのに少々不安があったのでB-6君専用のグリルプレートも購入していたんです!!

 

 

 

この上の部分のプレートなんですが、肉を焼くときにはこっちを使っていく予定なんですが、今のところ付属のチタンメッシュだけでも十分でした!

 

 

それ以外のオプションパーツ

B-6君には長く愛用するためのパーツや楽しい使い方ができるオプションパーツも販売されています!!

 

過激な焚火をしたい場合には・・・「ハードロストル」があると便利です♪

 

また失くしてしまいそうなパーツナンバーワンだと思うのでこれが別で売っているというのも安心できます!(ただしチタンではありません)

 

その他ステンレスのB-6君には標準でついている五徳も別に購入できるのでチタンのB-6君でも使用することができます。

そして最後に専用の熱燗セットも販売されています!!

これをB-6君に乗せるだけで下記のような専用の熱燗セットを作ることができます!!

 

参考:笑's

 

こんなオプションパーツが売られているなんて製作者の愛を感じますねwww

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

これから寒くなってくる季節やもちろん夏の季節でもそうですが、ソロキャンプを満喫するならB-6はマストアイテムだと僕は思います!!

 

是非一度ソロキャンプでゆっくり焼きつつお酒を飲む時間を味わってみてはいかがでしょうか?

 

-キャンプギア(Main), 焚き火道具
-, , ,

© 2021 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5