キャンプ道具【大沼】

ソロキャンプのコーヒーセットをおしゃれに変身させてみた!

投稿日:

 

 

ソロキャンプ、いやキャンプで飲むコーヒーはカフェで飲むコーヒーとはけた違いに格別です!!

 

そんな外で飲むコーヒーセット皆さんは何を使っていますか??

 

ソロキャンプになるとコーヒー豆をついつい多く持って行ってしまい、容器まで大きくなってしまうブログ主でございますが、今回はしっかりとコーヒーセットをすべてリニューアルさせることにしました!

 

っということで今回はソロキャンプにぴったりのコーヒーセットの道具についてご紹介したいと思います。

 

それもなんとおしゃれに大変身させました♪www

 

かっこいいキャンプ道具を揃えると気分が上がるのと同じようにコーヒー道具もおしゃれになるとコーヒータイムはさらに格別になりますよ!!

 

 

 

コーヒー缶を今回は「茶筒」にしてみた!

今までキャンプでコーヒーを飲むときは必ず豆を持っていって、それをコーヒーミルで挽いてから飲んでいました。

 

まぁもちろんですがコーヒーミルは買った方がいいのはもちろんのことですが、やっぱりコーヒーは現地で手をかけて挽いてあげて飲むという方がおいしいしなにより雰囲気があがるんですよね♪

 

ただ今まで問題だったのが、コーヒー豆をなにに入れて持っていくかということ・・・

 

せっかくのキャンプだしたくさん持っていって飲むぞー!!!っと意気込んではいたのですが実際に飲むのは2~3杯がいいところ(到着後に一杯、夕方に一杯、翌朝に一杯)

 

なので実際問題そんなに大きな容器を用意して持っていく必要がなかったんですが、気持ちだけはたくさん飲む気だったのでスタンレーの真空マグを使っていました。

 

 

これも真空なので良かったのですが、そもそもソロキャンなので行っても1泊2日がいいところ(嫁に怒られるのでwww)

 

なのでそんなに大きなもの持っていかなくてもいいですよね。

 

ちなみにこの真空マグだとコーヒー豆が約200gは入ります。一人分が大体10~12gと言われているので約20杯分を持っていっていたということwww

 

そこで今までの経験を踏まえて(3~4杯しか飲まない)必要な分量だけ持っていこうと決心したわけです!!

 

ということで探していたのですが、結果茶筒に入れてみてはどうなのか??っと思ったわけです。

 

茶筒は今ではおしゃれなものがたくさん販売されているのですが、やっぱりキャンプに合う素材と考えてみるとポップな素材やカラーというよりは、レトロな風合いでどこか無骨感があるものがいいと考えていました。

 

なので素材は「銅」か「真鍮」か「ブリキ」がいいなと思っていました。

 

そこで候補に挙がってくるのが東屋」か「開化堂の茶筒です。

 

「東屋」はどこか都会的な部分もある茶筒やそのほか食器を扱っています。

 

参考:東屋 scope

 

どこか都内的だけど静けさもあるようなそんな茶筒ですよね・・・美しい・・・

 

そしてそれとは逆に文化や歴史を感じることができるのが「開化堂」になります。

 

参考:開化堂

 

職人の技がこのコーヒー缶に詰まっている風合いがどこかあり、そして京都の魂が宿っている。そんな感じがします。

 

そもそも開化堂の方ですと珈琲缶ということで販売があります(東屋は茶筒のみ)。

 

どちらがいいのか考えていましたが、開化堂のコーヒー缶は約2万円前後してしまうので今回は1万円以下で購入のできる東屋さんにすることにしました。

 

 

早速コーヒー缶を東屋の茶筒に!

今回東屋のコーヒー缶に変更することにしました。

 

サイズはシンプルに「大・中・小」とあります

 

大サイズφ90×H118mm(容積:480cm3)355g
中サイズφ80×H95mm(容積:260cm3)270g
小サイズφ73×H63mm(容積:120cm3)200g

 

大サイズではコーヒー豆が約200g入るサイズということなので、今までの経験を振り返りこれは除外されました。

 

続けて一番迷ったのが中サイズにするべきか小サイズにするべきかというところ、

 

しかし今までの経験を振り返り、1泊2日のキャンプで飲むのはせいぜい3杯、多くても4杯だということを念頭に置いて小サイズにすることにしました。

 

そして届いたのがこちらです

 

 

おぉ~!!サイズ感は予想していた感じで間違いありません!掌に収まるサイズだろうと思っていましたがバッチリ!

 

しかもしっかりと密閉ができるようになっています。

 

 

ただここからが重要で実際にこの小サイズにはどのぐらいのコーヒー豆が入るのか・・・

 

っということで実際に入れてみたところ「ピッタリ4杯分」は入りました!!!

 

 

今回、ブリキと、真鍮など素材はあるなかでなぜ銅素材にしたのかというと理由があります!!

 

まず銅は、抗菌性が高く使い込んでいくうちに色が変わってきてコーヒー缶自体を長く愛用できるようになるというのがポイントだったからです!!

 

どうせ使うなら長く愛用できるものがいいですからね♪

 

東屋のコーヒー缶

・小サイズで4杯分のコーヒー豆を入れることが出来ます!

・銅には抗菌作用がある!

・1泊2日であれば多くても4杯なので小サイズがおすすめ!

 

 

ククサカップで雰囲気がさらにアップ!?

今回コップにもこだわりを入れてみました!!

 

いつもはシェラカップやスノーピークのマグを使っていたのですが、いつしか木の温かみのあるカップで飲みたいって思うようになりました。

 

ということでいろいろ探した結果「ククサカップ」が長く愛用できるのではないか!?っということでこちらのククサカップにすることにしました!

 

 

ククサカップとは!?

・ククサカップは白樺のコブから掘って作った木製のカップ!

・白樺のコブはとても希少なため価格が高め!

・本物以外に偽物やレプリカが出回っているので注意が必要です!

ククサカップといえばフィンランドのククサ工房である「コイヴマー(社)」が有名で職人がひとつひとつ丁寧に仕上げています!

 

なのでこのコップで飲むコーヒーはとっても味わい深くなるんですね♪

 

参考:krone

 

またこのタイプのククサカップはトナカイの角が取っ手の部分についてあるのですが、現地では魔除けとしてのお守りの役割もあるんです♪

 

このククサカップで大自然の中飲むコーヒーは間違いなく美味しいです!!

 

また雰囲気目的だけでなく、木製のコップでコーヒーを飲む理由がもう一つあります。

 

それは、木製の熱伝導率がとても低いため唇をつけてもまったく熱くないというところもポイントが高かったところです!!

 

もしククサカップがほしい!!っと思った方に注意点があります。それはククサカップにはレプリカだったり、偽物があるということです。

 

白樺のコブから作ったものが本物のククサカップになりますが、巷では普通の木製を掘って作ったククサカップが販売されているので注意してください!

 

ちなみに今回僕は「krone」という北欧の商品をメインに扱っているショップから購入いたしましたので是非皆さんも参考にしてみてください。

 

参考:krone

 

 

 

コーヒードリッパーも変えてみました!

コーヒードリッパーに関しては今までユニフレームのコーヒーバネットを使っていたのですがどうも使いにくい・・・

 

折りたためてコンパクトになるのは良いのですが、まずバネのように伸縮自在で軽量なのでコーヒーの粉を入れていても動いたり跳ねたりしてしまい最悪の場合にはひっくり返ってしまうことがありました。

 

そしてコーヒーのペーパーもユニフレームのサイズにあったものでないと大きすぎてしまったりしてお湯を注ぐときに邪魔になってしまうことが多々ありました。

 

ということで今回はドリッパーをこちらに変更しました!!

 

 

キッカーランド(kikkerland)のブラスコラプシブルコーヒードリッパー(名前が長いwww)です!!!

 

まず気に入った点としてはキャンプ道具で無骨素材と言われる真鍮を使っているので色がゴールドっぽさが雰囲気とオシャレ度をアップさせてくれています!!

 

折りたためてコンパクトになるのですが、好きな位置でしっかりと止まってくれるのでバネのように跳ねたりバランスを崩すということがありません!!

 

そして折りたためるというポイントではこのように平べったくなります!!

 

 

これだけ薄くなるのであれば持ち運びも便利でスパイスボックスの隙間に入れておくことが出来ます!!

 

そしてコーヒーペーパーも大きいサイズも使えるので専用ペーパーを用意しなくてもOKです!!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

今回はコップ、コーヒー豆収納、ドリッパーまでを一気にオシャレ度と雰囲気アップの為に交換してみました!!

 

これだけでもキャンプのコーヒータイムは一味違うものに変わりますよ♪

おすすめ記事一覧

-キャンプ道具【大沼】
-,

Copyright© あめんぼブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.