キャンプ用品や大好きな銭湯のこと、その他に気になることについて発信していく雑記ブログです。

あめんぼブログ

ヘッダー画像

キャンプ用品・野遊び

キャンプ初心者がキャンプ道具を0から揃えたらいくらかかるのか?

更新日:

自然の中で美味しいごはんやアクティビティを楽しむことができるキャンプ!!

 

最近ではキャンプを始めた人やこれから始めようという人が僕の周りでも数人はいます

 

それぐらいキャンプに興味を持つ人が増えてきているということでしょう!

 

そもそもキャンプを始めるのにいくらかかるのでしょうか?

 

僕はキャンプ場に行った時にはまわりのキャンパーが何のキャンプ用品を使っていて、良く持っているものは何か?をよく観察しています

 

なのでざっくりとした計算ですが、キャンプを始める場合の大まかな試算として見て頂けたらと思います!!

 

 

 

キャンプを始める費用はいくら?

キャンプを始めるにはそのキャンプに行く人達の人数や求めるもので大きく変わってきます!

 

例えば、一人でゆっくりとした時間を過ごしたいソロキャンパーや家族で(大人数)でいくファミリーキャンパー

 

キャンプ用品は必要最低限でするものだ!!

 

というミニマム派やキャンプをしてても家にいるのと同じぐらい快適過ごしたい派とあります

 

特に最近ではファミキャンで道具をたくさん揃えたい快適派が多いかなと感じます

 

また一言で言ってキャンプ用品は一般的な生活用品と比べると安くはないというのは確かです!!!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

良く使っている定番用品から計算

基本的にキャンプは現在住んでいる家の空間が外に移るだけなので

 

普段生活している道具が外でも必要になります。

 

ざっくりとまとめると下記3種類が揃っているとキャンプでは快適に過ごすことができます!!

 

快適に過ごす為の3種類

居住空間=テントやタープ

調理器具=コッヘルや焚き火台

家具=テーブルやチェア

 

 

居住関連(テントなど)

テント・タープ(居住空間)

テントとタープは居住空間に当てはまります

 

ファミリーキャンプ用のテント単品だと4~8万円

 

タープも揃えようと思うと大体3~6万

 

 

2ルームテントだとタープを省くことができますが12~15万円てところではないでしょうか

 

 

最初から2ルームに行くと大きなお金が飛んでいくので

 

テントとタープをそれぞれそろえる方が安くなります!!

 

とくに最近だとエントリーモデルなんかも各メーカーが出しているのでそちらをチェックしてみるといいでしょう

 

まとめ

・テントは大体4~8万円

・タープは3~6万円

・2ルームは12~15万円

 

シュラフ (寝袋など)

次に寝床としては腰が痛くならないように(防寒要素もあり)マットで1万~1万5000円

 

シュラフ(寝袋)はキャンプに行く季節によって大きく変わります

 

夏場だと格安で手に入ることはできますが

 

冬場だとダウンシュラフなどが必要になるので価格が4~5倍以上高くなります!!!

 

夏場:6,000~15,000円(1人分)

 

冬場:30,000~50,000円(1人分)

 

まとめ

・シュラフの値段は季節によって違う!!

・夏は6,000~15,000円程度

・始めるなら夏からが良い!!

 

ランタン (明かりなど)

 

夜になると明かりが必要になるのでランタンで大体1~2万

 

このランタンですがガスとガソリンのどちらかを選択するようになります!!

 

はじめはガスが使い勝手が良くて初心者でも簡単に扱えますが

 

長い目で見るとガソリンで燃料を統一するとコストが安くなります!!

 

ちなみにアウトドア用のガス缶(OD缶)だと家庭用で使うガスの倍以上の金額がかかってきます・・・

 

思い切ってガソリンから始めるのもありかもしれませんよ

 

まとめ

・ランタンの燃料はガスかガソリンのどちらか

・長い目で見るとガソリンの方がお得

・ガスは簡単に使うことが出来るが燃料費が割高になる

 

その他 ペグやハンマーなど小物

それ以外ではテントが風で飛ばされないようにするためにペグやハンマーが必要になりますが

 

これは合わせても1万以下で揃えることが出来ます

 

となると居住空間の費用はざっくりと合計で(家族4人想定)12万円~22万円ってところです!

 

 

調理器具関連

 

バーナー

調理器具ではかなり幅が広い分野ではあるのですがその分かなり節約ができる部分でもあります

 

僕的にはここが一番キャンパーの中でも十人十色だと思うところですが、それでは見ていきましょう。

 

まずはバーナーがあると非常に便利です!!

 

これも安いワンバーナーからたくさん調理ができるツーバーナーまであります!

 

夜はバーベキューで朝は軽いワンバーナーだけあればいいということであればこういったものになる

 

 

ワンバーナーだと大体5~6,000円ぐらいです

 

ツーバーナーだと大体その2倍くらいの金額が発生します!!!

 

なので大体10,000~12,000円前後といったところでしょう

 

ただやっぱり家族が多いとツーバーナーは必要になってくると思います

 

まとめ

・家族がいるならツーバーナーはあった方が良い

・ツーバーナーだと大体10,000円~12,000円前後

 

 

コッヘル (その他調理器具など)

調理道具のコッヘルセットや食器、クッキングツールなどをすべて揃えて1万円

 

 

バーベキューセットが1万円、ダッチオーブン一式で1万5~6000円

 

 

クーラーボックスで1~3万円

 

あとはカトラリー(箸やスプーンなど)が必要になりますが

 

これらは家にあるものを代用することもできるのでここはなくしたいと思います

 

っとなると調理器具はざっくりと合計で5万~8万円となります

 

 

椅子やテーブルなど

チェアー

家具はスタイルによっても異なりますが大体必要なもので試算してみましょう

 

ちなみにチェアを買う場合にはキャンプスタイルが大きくかかわってきます!!!

 

よくあるのがロースタイル!!

 

これだとテーブルやチェアなどは高さが低いもので揃えるようになります!

 

そして反対にハイスタイルだとテーブルもチェアも家にあるような高さとなるので

 

膝が完全に90度に近い高さとなってきます

 

どちらがいいかはお好みになりますが

 

荷物を少なくしたいとか、軽量化したいということになれば

 

間違いなくロースタイルになってきます!!!

 

一度は聞いたことのあるヘリノックスなんかはそのようになります

 

ヘリノックスの中でもこのチェアが最強!

    キャンプ用チェアは数多くの種類と形状そして重さのものが発表されています   その中でもヘリノックスが気になっているあなたは   おそらくヘリノックスが大 ...

続きを見る

 

おすすめはロースタイルになります♪

 

かりにヘリノックスで揃えた場合にはチェアだけでも最安で8000円前後になります

 

よって家族4人だと32,000円がチェアで飛ぶようになります!!!

 

最近ではもっと安価なものがあるのでそれであればその半額ですべてそろえることが可能です!!!

 

まとめ

・ロースタイルかハイスタイルかを選択しよう

・軽量化や荷物を少なくしたいのであれば間違いなくロースタイル

・安価なもので揃えたら家族4人で16000円ほど

 

 

テーブル

 

テーブルもチェアと同じようにロースタイルかハイスタイルかによって変わってきます

 

テーブルに関しては家族4人だとそれなりの大きさになるのですが

 

小さいものを2つ連結したりして使っている方もなかにはいます

 

またコールマンの折りたたみなどでは高さの調節ができるものもあるので

 

ときにはハイスタイルとして、メインはロースタイルでなんかもできてしまいます!!

 

テーブルで5000~1万5000円

 

これだけでキャンプは過ごせますので一番お金がかかりにくい部分かもしれません!

 

まとめ

・テーブルは一番キャンプ用品の中でも安価にそろえることが出来る

・大きすぎる場合には小さいものを2つつなげて使うことも可能

 

 

合計金額は?

 

道具 価格 道具 価格
テント 4~8万円 コッヘルなど 1万円
タープ 3~6万円 BBQセット 15,000円
シュラフ 夏:6,000~15,000円 クーラーボックス 1~3万円
ランタン 1~2万円 チェア 8,000円(一人分)
ペグ・ハンマー 1万円 テーブル 5,000~15,000円
ワンバーナー 5,000~6,000円
ツーバーナー 12,000円

 

 

ざっくりとした計算にはなりますが少なくとも約20万円はかかるようになります!

 

その他に細かいものを買わないと行けなかったりもするので

 

約23万円ほどは最低でも考えていた方がいいと思います!!!

 

ただこれは物を少なくしたりすればもっと安く収めることは全然できます

 

ただ標準的な金額で揃えるとこれぐらいは間違いなくかかるでしょう

 

また逆に言えばかけようと思えばこの金額の倍以上の物で揃えることもできてしまいます!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

キャンプ道具は本当に高い商品ばかりなので一気に揃えようとすると大変なので

 

まずはデイキャンプなどで日帰りバーベキューをするなどして少しづつ道具を揃えていくことが良いでしょう!

 

ただお金をかけた分キャンプでしか味わえない楽しみは間違いなくありますので是非キャンプの世界に入ることをおすすめします!!

おすすめ記事一覧

-キャンプ用品・野遊び
-,

Copyright© あめんぼブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.