キャンプギア(Main) ヴィンテージランタン

【FROWO Nr.55】細かいデザインが豊富な小型ランタン!

 

 

ヴィンテージランタンの沼からどんどん抜け出せなくなってきている主でございますwww

 

今回はというとヴィンテージランタンを集めていく中でFeuerhandやDietzなどありますが、FROWOというメーカーも忘れてはいけないひとつです!!

 

FROWOもたくさんランタンの種類があるので集めがいのあるメーカーです!!

 

初めて聞く人ももしかしたらいるかもしれませんが、FROWOも長い歴史の中で使われてきたランタンのひとつです!

 

そして、今回はその中でも「FROWO Nr.55」のオイルランタンをご紹介したいと思います!!

 

たった2年だけの短い期間だけで作られたランタンなのですがその作りは間違いなくしっかりしたものです!

 

 

 

Fröhlich&Wolter

参考:Frowo info

 

今ではFROWOというのが一般的ではありますが、FROWOの正式名称は「Fröhlich&Wolter」になります!!

 

Fröhlich&Wolterは1878年にHermann Fröhlichによって設立された会社になります。

 

そして、その後「Rudolf Fröhlich」と「Erich Wolter」に引き渡された後、1926年に現在でも知られている「FROWO」と呼ばれるようになりました!

 

FROWOと呼ばれるようになってから第二次世界大戦など歴史上大変な時代ではありましたがそれによって大きな功績を残せたといっても過言ではありません。ただ大きな成長を見せてはいましたが競合となるFeuerhand社などの影響もあり、FROWOは1994年にこの世を去ることになりました・・・

 

この時代のランタンメーカーは凄い買収があったりと混沌とした時でしたね!

 

そして、そのFROWOの中でも人気のランタンのひとつにあがるのが「Nr.55」のランタンになります!

 

FROWO Nr.55

高さ 22cm
横幅 14cm(支柱含む)
3分芯

今回ご紹介するのはFrowo Nr.55のランタンです!!

早速ですが、このランタンのポイントなどをご紹介したいと思います♪

 

まず確認しなければいけないところがタンク部分にあるエンボス加工です。

 

 

あのFrowoの犬のマークもきちんと入っています!!

これがまたいい味出してますよね~

 

犬がランタン咥えているロゴがなんとも可愛いですよね!

 

そして結構サビてはいますが、No.55というエンボスがきちんとされています!!

 

 

 

ぼてっとしたグローブが可愛い!

第二次世界大戦中に作られたランタンにしてはグローブのサイズが大きいのがこのNr.55の特徴だと思います!!

 

この時代に作られたランタンはグローブが小さく作られているのが特徴的なのですが、比較してみるとこのようにかなりぼてっとしています。

 

 

左がFeuerhandの176eで右が今回のFROWO Nr.55なのですがこんなにもグローブのサイズや形が違うのもなかなか面白いですよね!!

 

でもこれもFROWO Nr.55の可愛いポイントだと思っています!!

 

火を灯した時に大きく光が見えるのがあの時代背景から反している作りになっているなと思えます!!

 

そしてもうひとつこのグローブで特徴的なのが、Feuerhandのランタングローブを見ると分かりますが、若干円柱に近い形をしているのが一般的です!FROWOの場合にはグローブと呼ぶにふさわしく「地球」のように丸い形をしているのも面白いなと思います。

 

火をいれたときも気持ち明るさが大きくなっているようにも思えます。

 

 

これもまた美しいランタンのひとつであることは間違いなさそうです!!

 

ここでFrowoにはたくさんのモデルがありますが、Nr.55のグローブには特別な印刷はないようです。ランタンのグローブには加工するか印刷するかが良くあるパターンなのですが・・・これについては詳細は分かりませんでした。

 

デザインがシンプルだけど強い拘り

Frowo Nr.55をコレクションとして欲しいと思ったのはいくつか理由はありますが、やっぱり他のランタンと違って全体的なデザインや形、そして細部にまでこだわって出来た造形美です。

 

ヴィンテージランタンの中でもトップ5に入るほどデザインにこだわっているランタンだと思います!

 

ハンドルやフューエルキャップにも細かいデザインが施されていて後程紹介しますが、まず最初に見て頂きたいポイントがあります!!

 

それは支柱にあります!!これはFrowoにある特徴です!!

 

普通のランタンの支柱では特に何か特別なデザインが施されているということはほとんどありませんが、Frowoの場合横と縦にエンボスのラインがついているんです!!

 

 

横に3本、縦に1本とエンボスラインが入っているのが分かります!

 

これみなさんがご自宅にあるランタンの支柱と比べてみてもらいたいんですが、縦に数本入っているぐらいじゃないですか??

 

もしかするとホルダーをつけるポイントという考えもあるかもしれませんが(ホルダーとは自転車などに取り付ける金具)おそらくこれはデザイン要素の方が高いのかと思います。

 

そして、もう一つ見た目が真四角に近いランタンなので見た目が凄く可愛い!!

 

 

この写真を見てもらうと分かると思いますが、左が一般的なFeuerhand Nr.276で右が今回のFrowoになりますが、Feuerhandに比べてFrowoが真四角に近い形になっています!サイズの違いじゃないのか?っと思われるかもしれませんが75atomでもやはり長方形です。

 

ランタンのほとんどが長方形で作られているものですが、Frowoの場合だと真四角に近いので全体的なデザインがとてもコンパクトで可愛く見えるんですよね♪

 

真四角に近いランタンというのは珍しいので、これだけでもこのランタンを持っていて良かったなと思うポイントになります!!

 

それになんといっても形がきれいに収まっていると見た目が良く見えますよね!www

 

シンプルだけど完璧に計算された個性のあるランタンなので、他の人とランタンがかぶりたくないという方にはおすすめだと思います!!

 

ハンドルにもこだわりがある!

Frowoのランタンを見ていてこれはいいな~こだわってるな~っていうところが「ハンドル」だと思います!!

 

というのも他のバーナーハンドルを見るとそこまでこだわったエンボスがされていないものが多い。

 

下の写真はDITMARのハンドルなのですがそこまでの装飾ではなくシンプルにまとまっています。DITMARはまだ良い方だと思います!

 

 

ですがFrowoのNr.55の場合はそこまでゴリゴリの装飾というわけではありませんが、他のランタンに比べて大きめのエンボス加工とハンドル自体が太く大きくなっているところがポイントだと思います!!

 

 

これがまたいい味のあるデザインなんですよね♪

シンプルなんだけどこだわりの効いているデザインとなっています!!

 

キャップにも拘りのあるデザイン!

ハンドルに続いてキャップの方を見ると「菊の花」のようなデザインが施されています!!

 

 

これもまた可愛いデザインですよね♪さっきのハンドル部分のデザインとの関係がありそうな感じもしますが・・・

 

Feuerhandだとロゴが入っていますが、Frowoだけはロゴなのか菊の花のデザインなのか分かりませんが可愛らしいデザインとなっています!!

 

ただ恐らく、Frowoのロゴは犬がランタンを加えているロゴが有名でそのランタンから光が出ている効果が表現されています。恐らくこのキャップのデザインにしろハンドルのデザインにしても光を放っているような意味があるのかもしれません!!

 

使い勝手を研究している!

このランタン他のランタンの中でも一番変わっていたのがシリンダーハンドルが右内側に入っているというポイント!!

 

他のランタンではほとんどがシリンダーハンドルが左外側に付いていると思います!!フュアーハンドの176eを例にしてみても左側にシリンダーハンドルがあってしかも外側についています。

 

 

Frowo Nr.55の場合は右側に付けられていてしかも内側にあるんですよね!!

 

 

これどういう意味で右にあるのかは分かりませんが、右利きの人には非常に使いやすい!!

 

しかもこのシリンダーハンドルの構造が他のランタンと比べてただノッチ(切り欠き部)があるだけじゃなくて、ハンドル下げる動作が凄くなめらかなんです!!

 

 

ノッチまでの間に曲線がついているのも大きな理由なのかもしれませんが、実に使う人をよく理解して作られている構造です!

 

 

また下げた後もしっかりと切り欠き部にはまっているので勝手に戻ることもありません。

 

恐らくヴィンテージランタンの中では断トツでシリンダーハンドルの上げ下げが滑らかで良い出来です!!

 

あの時代でここまで作りこんでいた技術力と発想力があったというのが凄く分かりやすいランタンです!!

 

FROWO Nr.55 まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

今回はFrowoのNr.55をご紹介させていただきましたが、実にデザインが拘り抜いたランタンのひとつです!

 

あの時代にここまで手の込んだランタンは珍しと思います。

きっとオーナーの性格が出ているランタンなのだと感じます!

-キャンプギア(Main), ヴィンテージランタン
-,

© 2022 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5