キャンプ用品や大好きな銭湯のこと、その他に気になることについて発信していく雑記ブログです。

あめんぼブログ

ヘッダー画像

キャンプ用品・野遊び

小川キャンパルのピルツ9DXはソロキャンプにおすすめ!【初心者も必見】

投稿日:

 

 

ソロキャンプを始めるとどのテントにしようかな~って迷うことがあると思います

 

こじんまりしたテントもいいし

 

広々としたテントもゆったりできてかなりおすすめではあります!!!

 

しかしどちらがいいのかと言うとやっぱりある程度広々したテントの方が夏でも冬でも両方使えます!!!

 

そんな中でもこれからキャンプを始めようという方や始めたばかりと言う方にも今回ご紹介する小川キャンパルのピルツ9DXはかなりおすすめとなります!!

 

理由はこれからご説明しようと思ってますので最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

 

 

 

ピルツ9DXのスペック

小川キャンパルにはテントメーカーの老舗でいろいろな代表作があります

 

最近だとソロ用としてかなり人気が出ています!!!

 

参考:キャンパルジャパン

 

それ以外にもどのメーカーにも人気テントに共通しているのがある程度の広さが設けられていること!!!

 

とくにこういったドーム型だと前室がついているというのが今のテントの王道スタイルになっていると思います♪

 

たしかにドーム型だと前室がついていると撤収作業や料理をしているときに雨に降られても安心して過ごすことができるからです!!!

 

今回はドーム型のおすすめ紹介ではありませんが、前室をも兼ねるワンポール型のピルツ9DXのご紹介です!!!

 

 

ピルツ9DXは小川キャンパルの代表作と言われているほど人気のある形で

 

なによりも設営が簡単だし、作りが丈夫というところがポイントが高いところかもしれません!!!

 

まずは簡単にスペックをご紹介します!!!

 

重量 7.1kg(幕6.1kg/ポール1kg)
耐水圧 1800mm
付属品 ポール、ペグ、ハンマー、収納袋

 

大きさは下記のようになります!!!

 

 

この大きさだとスペック上だと4人用とはなってはおりますが、実際は1人だとゆったり、2人だとピッタリといったところです!!!

 

3人以上とか絶対無理www

 

出入り口は2つ!!

これ結構テントを探すときのポイントとして注意するのが

 

出入り口が1つだけなのかそれとも2つあるのかというところ・・・!!!

 

個人的にはテントを選ぶ上では出入り口が2つあるほうが圧倒的に良いです

 

っというのも出入り口が一つだけだと荷物の出し入れするときに非常に便利だからです

 

前だけだと車が後ろ側にあるとぐるっと回って荷物を運ばなければなりませんが

 

ふたつあると車にすぐアクセスすることが出来ます!!!

 

それ以外にもう片方は通常の出入り口として使うことが出来ます!!!

 

ちなみにピルツは前後の入り口の構造が異なっています

 

片方は通常の出入り口となりますがもう片方は屋根がついているので雨が降っているときでも外の様子を確認することが出来ます!!!

 

また屋根以外にも両サイドにも雨避けのような幕があるので必要に応じて占めておくと中を見られる心配もありません!!!

 

おすすめなのが人が通る方だけ占めてもう片方は開けておくと若干でも開放感が出てきますよ♪

 

 

室内空間は広々

室内空間はかなり一人だと広々使うことができます

 

ちなみに僕は冬仕様だとヘリノックスのコットワンとテーブルとチェア、そして灯油ストーブにクーラーボックスを幕内にいれても

 

それなりに余裕のある空間になります!!!

 

天気が悪い状態でも中で食事を作ったり食べたりすることが可能です

 

ただ二人で使うとなるとかなりきつくなってくると思われますので

 

是非ソロキャンプ用として使うことをお勧めします♪

 

 

 

設営は早ければ10分程度

ピルツのテントは慣れてしまうと一人で10分ほどで設営できてしまいます!!!

 

ただポイントを押さえないといつまでたってもうまく形にはなりません

 

どの方向から見ても三角形にできるのは最初は難しいかもしれません・・・www

 

 

ここではピルツの設営ポイントをご紹介したいと思います!!!

 

とにかく簡単なのでよ~く覚えておいてください♪

 

まずは幕を広げることは間違いないのですがペグダウンは対角線上に順番に打ち付けていくと綺麗に張ることができます!!!

 

 

ここで注意なのが最初からいきなり両サイドをピンピンに張りすぎないことです!!!

 

軽くペグをすべて打ち付けた後にポールを入れて設営し、そのあとに微調整をしながら張らせると綺麗に設営することができます♪

 

全てにペグうちが出来たら必ず張綱をしておきましょう!!!

 

ワンポールは風に弱いことと完全な自立式テントではないのできちんと張綱をしないと綺麗に張ることができません!!!

 

これで設営は完了です!!!簡単でしょ!?www

 

ちなみに僕はワンポールテントを始めて使いましたが簡単に設営することができたので

 

初心者キャンパーにも簡単にできちゃいますよ♪

 

ベンチレーターが3つもある!!

このピルツテントでもう一つのおすすめポイントがあります!!

 

それは計算されたベンチレーターがついていること!!!

 

まずその前になぜピルツは夏冬ともおすすめなのかということ

 

夏は前後についている出入り口をあけて左右についているベンチレーターを開放すると空気が滞留することがなくなるのでかなり涼しく過ごすことができます!!!

 

再度はこのようになっています!!

 

 

そして冬にはもう一つ解放すべきベンチレーターがあります!!!

 

それは天井ですwwww

 

 

これを開放することによって冬に使う灯油ストーブにある危険性の一酸化炭素中毒を防ぐことができるのです!!!

 

ここを開けていてい今のところ一酸化炭素チェッカーが0以上になったことはありません!!!

 

なので夏でも冬でも計算されたベンチレーターによって快適にキャンプを過ごすことができます

 

ちなみに夏は天井のベンチレーターは虫が入ってきますので閉じた方がいいです・・・www

 

 

 

 

お値段が・・・

正直なところお値段は結構しますwww

 

約8万円ちょっとといったところになります

 

確かにソロキャンプ用テントとして8万円は高いかもしれませんが、それなりのスペックと質をもっていることは間違いありません!!

 

なので長く使うというところでは十分に値段以上を取り返すことは可能だと思います!!!

 

またもし高いと感じたら小川が年末にアウトレットセールをやっていますのでそこが狙い目になります

 

このアウトレットセールに関しての記事も書いているので良かったら見てみてください

 

小川キャンパルの年末セールが激安で凄い!

参考:小川キャンパル   今年もあとわずかとなりました   年末は何かと忙しい師走の時期ですが   そんな忙しい時期には楽しいこともたくさんあります!   それ ...

続きを見る

 

ちなみに僕は定価8万円をセール価格の5万円ほどで買えました!!!

 

ただしアウトレット品なので状態は店舗によってことなるかと思いますがかなり狙い目の金額です!!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もしソロキャン用として長い目でいいものが欲しい&夏も冬も兼用で使いたいということであれば

 

間違いなく小川のピルツ9DXをおすすめします♪

おすすめ記事一覧

-キャンプ用品・野遊び
-,

Copyright© あめんぼブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.