キャンプギア(Main) ヴィンテージランタン

【K&T 】「戦艦」と呼ばれるランタンが超変態級にカッコよすぎる!

 

以前まではスイスの軍用ランタンについてご紹介していましたが、今回は「戦艦」という名前をもつランタンをご紹介します!

 

K&Tというメーカーのランタンになるのですが正式名称は「Kaestner & Toebelmann」になります。

 

このランタンを入手するのもかなり苦労しましたが、これもまたかなり貴重なランタンのひとつです。

 

 

まずランタンガードといい、空気循環システムといい今までのランタンにはないものが組み込まれています!

 

このランタンはまさしく変態…いやど変態と言ってもいい!www

 

これぞ「変態ランタン」と言っても過言ではないほど外見がかなり個性的なランタンです!

 

では早速「LA CUIRASSEE」(戦艦)をご紹介したいと思います。

 

 

 

Kaestner & Toebelmannについて

 

LA CUIRASSEE」のランタンをご紹介するまえにK&T社についてご紹介しておきたいと思います!

 

まずこの「K&T」はドイツのエアフルトを拠点とするランプメーカーです。

 

 

S. Toebelmannが1874年に設立してからは会社がなくなる1937年まで「Kaestner & Toebelmann」というブランド名で独自のランプを開発していました。

 

参考:silkoslight&drive

 

1920年頃になると財政がかなり悪化し、販売市場も縮小していくことで経営難になりました。

 

ここから皆さんもご存知のHASAGが救世主に!?

 

当時HASAGがK&Tに委託製造業者として依頼していたこともあり、1930年代にはK&Tは生産を終了し、HASAGが事業を引き継板だとされています。

 

ただ悲しいのはK&T独自のデザインなどは引き継がれることは長ったそうです。

 

それでもK&Tの独特なデザインは現在でも世界中のコレクターには人気なんです!

 

Kaestner & Toebelmann

創設者S. Toebelmann
設立1874年

 

超変態ランタン「LA CUIRASSEE」

 

今までたくさんヴィンテージランたを集めたり探してきましたが、ここまで変態なランタンは見たことがありませんでした!

 

やっぱり一番目が行くのがこの「グローブガード」だと思います!!

 

 

普通のグローブガードだとこういった横線のものだと思います!

 

 

これはHelvetiaのランタンですが、一般的にはこういった横に3本線が入ったグローブガードになります!

 

しかし、この「LA CUIRASSEE」ではこういったクロスしているような形をしていて「シザーガード」というものになります。

 

 

確かにハサミのような形してますよね!

 

これがS. Toebelmannが作った独特なデザインの作品です!

こういった今までにないデザインがコレクターのハートをくすぐるんですよね!

 

その他にもまだまだご紹介したい部分はありますが、それはこれからゆっくりと…www

 

っということでまずはスペックからご紹介したいと思います。

 

スペック

サイズ高さ:41cm 幅:19cm
3分芯
グローブガードあり
製造年1913年以前

 

まずはタンク周りからご紹介したいと思うのですが、これもまたFeuerhandなどのようなタンクとはちょっと変わっています!

 

 

これがFeuerhandのタンクなのですが、プレスしているようにタンク表面がお椀型の様に切れ目のない状態のデザインになっているのが分かります!

 

それに対してこの「LA CUIRASSEE」ではタンクの周りにもう一枚の金属がスカートのように巻かれているのが分かります。

 

 

これがこのスカートの継ぎ目のところで分かります!

 

これもまた拘った作りが映えている部分ですね!

そして次にタンクにあるデザインについてもご紹介しておきましょう!

 

まず背面の部分には「LA CUIRASSEE」のデボスが入っています!

そうそう!このタンクにある文字がエンボスがじゃなくてデボスになっているのもかっこいいところですよね!

 

 

エンボスだとこういった感じで浮き上がった文字。

 

 

他のランタンではエンボスが多かったのにこのランタンはデボス加工!これがまた最高なんですよ!

 

そして真正面のデボスにはなにやら面白い文字が書かれています。

 

「THE LIGHTHOUSE」

 

 

「WON'T GO OUT」

 

 

これが一体意味していることが全く分かりませんが、直訳すると「外に出たくない??」これはいったい何の意味が…

 

意味は分かりませんが、とにかくこのデボス加工で書かれている文字はカッコいいということですwww

 

それだけでも十分満足です!

 

グローブがエグいほどカッコいい!

 

このランタンの中でもちろんグローブガードも変態級にカッコいいのですが、もっとカッコいいポイントがあります!

 

それがこのグローブです!

これエグいほどカッコいいと思いませんか!?www

 

 

中央には灯台のエンボス加工がされています!

 

そして気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、先ほどタンク部分に書かれていた文字を覚えていますか??

 

「WON'T GO OUT」

 

そうもう分かりましたね!

実はこのグローブにも同じ文字が書かれているんです!

 

 

これ程までに見事なエンボスが現在でも残っているのには感動しました!

 

以前の持ち主の方もきっと大切にしたいというのが凄く分かりますね。

 

では実際に灯している写真もご紹介したいと思いますがこちらです!

 

 

最高にカッコいいですよね!?

後ろから光があたるとよりエンボス加工が際立っている感じがします!

 

 

この写真だけで飯が5~6杯食えますね!www

 

Panzerグローブ

この「Kaestner & Toebelmann」のシリーズではほとんどのランタンで「Panzer」のマークが付いています!

 

先ほどご紹介しましたグローブはPanzerバージョンではありませんが、実際のPanzerグローブだと中央に大きくエンボス加工されています。

 

 

このようにこのPanzerマークはいたるところに付いています。

他のランタンではタンクの底に付いているものもあります!

 

「LA CUIRASSEE」では丁度バーナーハンドルの部分に付いています。

 

 

よーく見るとタンクキャップにもついているようです!

 

 

こんなに細かいデザインが100年以上も前のランタンに施されているなんて驚きです!

 

当時ってここまで細部にまでデザインを施す技術があったのには驚きです!

 

エアーチューブが入っている!

このランタンには現在では使われなくなった空気循環システムが採用されています!

 

実はこのタンクの底には穴が開いているんです!

これが実は空気循環システムの初期型と呼ばれています!

 

 

このエアーチューブは下からタンク内を通ってバーナーの部分に繋がっています!

 

 

現在のランタンではコールドブラストと言う冷たい空気を取り込んで空気を循環させるシステムがありますが、その前はホットブラストというシステムです。

 

ホットブラストはコールドブラストと違って酸素濃度が低く炎が小さい特徴がありるので「LA CUIRASSEE」にはこういったエアーチューブが付いているのだと思われます!

 

これがランタンが進化する原型と言っても良いかもしれませんね!

 

現在の燃料はかなり質のいい物なのでこういった作りの恩恵を受けることがありませんが、当時の燃料だとこういった少しでも炎を大きくさせるための工夫がされていました!

 

「LA CUIRASSEE」も同じくこの作りによって酸素濃度を高くしていたのでしょう!

 

この作りはホットブラストの中でもなかなか見ることができない作りですね!

 

アンティークっぽいけど映える!

 

この「LA CUIRASSEE」は一見アンティーク要素が強いようにも見えますが、そんなことはありません!

 

自然の中でもめちゃくちゃ映えるそんなランタンです!

 

 

どこで撮るかこの時考えていましたが、森の中ではもちろんGOODですが、きっとこのランタンは海にまつわる「戦艦」という名前も付いているしきっと海岸で撮るとより映えるんだろうなと思います!

 

それでも森の中で撮る「LA CUIRASSEE」は最高のひとことに尽きます。

 

ランタンガードも最高ですし、グローブも最高!

ここまでどのポイントをとっても個性があるランタンはなかなかないと思います。

 

 

このランタンは100年以上も前の物ですがこうやってまた命が吹き込まれていると考えるとかなり感慨深いものです!

 

これだからヴィンテージランタンはやめられないんですよね!

 

Kaestner & Toebelmann まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

K&T(Kaestner & Toebelmann)のランタンも貴重で珍しいランタンのひとつです!

 

ここまでグローブガードが変態的な形をしているランタンも見る機会がいないかと思います。

 

今後もK&Tのランタンは集めていく予定なのでまた極上なものが手に入ったらご紹介したいと思います。

-キャンプギア(Main), ヴィンテージランタン
-, ,

© 2021 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5