キャンプ道具【大沼】 焚き火道具【4の沼】

バーベキューで炭のお越し方が楽になる方法!簡単・放置が定番!

更新日:

 

 

キャンプの醍醐味といえばバーベキュー!

 

早速ですがバーベキューに炭に火をを熾すときにどうやってますか??

 

よく見かけるのが、炭を置いてその下に着火剤を置いてうちわで一所懸命汗を垂らしながら扇ぐ、もしくはバーナーなどで一気に火を当てて熾しているパターン!!!

 

まぁどちらもありがちなやり方ですけど・・・今時このやり方をしているのは時代遅れかもしれませんwww

 

それってかなり貴重なキャンプの時間と労力を無駄にしているんです・・・

 

実は・・・炭に火を熾す方法は非常にシンプルで「放っておくだけ」なのです!!!!

 

いま嘘だ~って思った方もいるかもしれませんが、本当ですwww

 

この放っておくだけで火を熾すその方法とはある道具を使うだけでできちゃいます!今回はその道具についてご紹介したいと思います。

 

 

 

まずは炭について知ることが肝心!

炭には火がつきやすい炭と、火がつきにくい炭の2種類が販売されているのです!!ただそれぞれメリットデメリットがあるのでどちらが良いとは一概には言えません。

 

火が付きやすいものは簡単に火は付きやすいが長持ちしない、火が付きにくいものは簡単には火がつかないけれど長持ちする

 

それぞれ一長一短ありますが、まずはどんな炭が付きやすくて付きにくいのかをご説明いたしましょう!!!

 

① マングローブ炭

この種類の炭は一般的に安く手に入る種類のもので、火がとても付きやすいですが、その分長持ちはしないのでデイキャンや簡単なバーベキューには向いている炭です!!

 

・着火しやすい
・火持ちが短い
・灰が多い、煙が多い
・形がバラバラ
・安価

 

こんな方におすすめ

  • 手のこらない焼くだけのバーベキューをする!
  • 安く炭を手に入れたい!

 

 

② オガ炭

オガ炭は備長炭の親戚のような炭になり、ここ最近だと備長炭のような火の持ちと着火のし易さから利用されている方は多いと思います。

 

・着火しにくい
・火持ちが良い
・灰も比較的少なめ
・値段は中価格

 

こんな方におすすめ

  • 煮込み料理などのダッチオーブンを使う!
  • 備長炭のような火の持ちが欲しい!

 

 

 

③ 備長炭

備長炭はもともと白炭と同じ種類です。遠赤外線の放射能力が高いのでとってもおいしく焼けます。これはで焼き鳥とかを焼いたときには最高です。

 

・着火しにくい
・火持ちが良い
・灰も少ない
・値段は高価格

 

こんな方におすすめ

  • 炭の遠赤外線をじっくりと味わいたい!
  • 火の持ちが良い炭を使いたい!
  • ダッチオーブンを使って料理がしたい!

 

 

簡単に火起こしができる話題の商品

さて本題にはいりますが先ほど紹介しました火の付きやすい炭でも火起こしはそれなりに苦労します

 

ここで紹介したいのが放っておいても自動で火がつくキャンプ道具になります!!

 

それがこのチャコスタという商品になります。正式にはチャコールスターターと言います。

チャコスタとは底の空いたバケツのようなものですが、侮るなかれこいつは私がキャンプ用品の中でも一番感動しました!

 

これはどのアウトドアショップでも販売されているし、大きさも選べたりするので家族構成からサイズを選んだ方がいいかもしれません!!

 

おすすめは大きいサイズになります!

 

 

使い方

① チャコスタの中に炭を入れます。

② 下に着火剤を置いて点火する

③ あとは待つだけ。(すぐに炭が白くなります)

 

これだけなのでとっても簡単で、着火剤に火をつけたら食材の準備とかいろいろと別の作業ができてしまいます!!

 

大体が30分もしない間にできてしまうので他の作業をしている間に火を熾すことができちゃいます

 

オガ炭備長炭でも20分ほどでこれほど真っ赤になります

 

 

やっぱり備長炭があると炭の持ちがいいので長くバーベキューをすることもできるし、火力が強いので時間がかかる食材とかには非常に適しています!!

 

それに備長炭はバーベキューが終わったらその上に薪を置くだけで焚き火もできちゃうという一度で二度おいしい♪

 

 

おすすめの着火剤

チャコールスターターを使うにしても着火剤があると非常に便利なので実際に使っている着火剤からおすすめをご紹介したいと思います

 

ロゴス 防水ファイヤーライター

この着火剤は一個一個が薬みたいにパックみたいになっていて使いたい分だけプチっとだして取り出すことができます!!

 

しかもこの着火剤は防水性能もあって雨が降ったりしている中でも火をつけることが出来ちゃいます。

 

しかもこれだと固形燃料としても使えるので非常に便利なのでメスティンなどで飯盒するときにも使えます!!(ただ固形燃料を忘れた場合の代役として)

 

着火剤としても固形燃料としても使えちゃうのは一石二鳥、しかも燃焼時間もある程度あるのでお勧めです

 

ただデメリットは少々お値段が高いということぐらいだと思います!それでもこの着火剤だけはずっとヘビーユーザーですwww

 

 

文化たきつけ

 まず着火した時の火の勢いがかなりいいので大きく火を上げることができます!!

 

ただ難点は燃え尽きるまでの時間が結構早いので数本使用しなければなりませんので結構そばで目を配っていないとダメと言うところがあります

 

値段はかなり安く100円~200円前後で販売されているので経済的♪

 

また使い切らないと保管が少し大変になります・・・っていうのもガソリンっぽいにおいが出ているので保管には少し気を配らないといけません。

 

 

 

逆におすすめしない着火剤

このパターンの着火剤はかなり火のつきが悪く、燃焼時間も短いためおすすめしません・・・

着火剤と言えでもなかなか着火しにくい商品はいくつかあるので注意が必要です!!!

 

続いてこのジェリー状のタイプもおすすめしません!!!

 

 

 

っていうのもこれが一番危ない着火剤の一つだと思います!というのも炭がはぜたりしたときにこのゼリーの液状が飛んでくることがあり、やけどをしたことがありましたのでおすすめはしません!!!

 

ファミリーキャンプのようなお子さんがいる家庭だと使わない方が良いです!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

一口に炭といっても数種類あったり、料理によって炭は備長炭に変えたりと少し考えたり、道具を使って楽したりすることでバーベキューはより一層楽しくなります!!

 

是非次回はチャコスタを使ってみると感動すると思いますよ♪

おすすめ記事一覧

-キャンプ道具【大沼】, 焚き火道具【4の沼】
-, , , , ,

Copyright© あめんぼブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.