キャンプギア(Main) ヴィンテージランタン

【Dietz Eureka】変態的なデザインだけど雰囲気は抜群のランタン!

 

Dietzのスケーターズランタンで有名な「Scout」と「Sport」どちらも有名で知っている方も多いと思います!

 

この「Scout」と「Sport」の2つの原型モデルともなったランタンをご存知でしょうか??

 

そう!それが今回ご紹介するDietzの「Eureka」になります。

 

もともとはドライバーズランタンとして使われていたのでキャンプ用のランタンとして使うとかなり個性が引き立つそんなランタンなんです!!

 

それでも普通のランタンよりもいろいろなシーンで使うことができるなとかなり期待を持っているそんなランタンです。

 

ということで今回はDietzの「Eureka」をご紹介したいと思います♪

 

 

 

Dietz Eurekaレビュー

 

今回ご紹介するDitez Eurekaですがやっぱりスケーターズランタン(ScoutやSport)の原型モデルとなっているのでサイズ感やデザインはほとんどそっくりです!!

 

特にヘッド部分なんかが凄く分かりやすくなっていて、エンボスとか形とかもこれはもうスケーターズそのものですね!!

 

 

またヘッド部分にはきちんと「EUREKA」とエンボスが入っているのがとってもカッコ良くて最高です!!このエンボスがDietz特有だな~って思いますね♪

 

しかし、やっぱりこのEUREKAはScoutやSportのスケーターズランタンとは全く違う味を持っているのは見た目からすごく分かります。

 

この変態的なフォルム最高ですよねwww

 

 

なんで前にしか窓が付いていないのかと言うと、もともとこのEUREKAは別名で「Driving lantern」と呼ばれているように車のヘッドライトまではいきませんが前方を少しでも明るくできるようにつけられていたランタンになります。

 

なのでEurekaは一方向にしか明るくするような仕様になっているんです。でもそこがやっぱりカッコいいところなんですよねwww

 

昔の絵を見てもヘッドライトとは別に運転席のすぐそばにこのランタンが付けられていたのが分かります!

 

 

今では車にランタンを付けて走るなんか考えられないけど、ヴィンテージ感がたっぷりつまっているなんともお洒落な雰囲気が最高です!!

 

では詳しくEurekaをご説明するまえに簡単にですがスペックを載せておきます。

 

【Dietz Eureka】

年代1910年代
5分芯
高さ約19cm

 

 

Eurekaのサイズ感は・・・?

 

Eurekaはスケーターズランタン(Scout・Sport)とほとんどサイズは変わりませんがほんの少しだけスケーターズランタンの方が高さがあります。

 

ただ重さで言うとこのEurekaの方がズッシリと重くなっています。そして高さがないのに横にボテッとしているのでEurekaの方が大きく見えます!

 

というのもやっぱりこの前方向だけを明るくするための窓がついているのでこれがなかなかの重量になっています。

 

もうひとつがブラケットもついているのですがこれもまた結構な重さがありますwww

 

 

でもこれのおかげでポールなんかに取り付けておくことが出来るので、ポールに取り付けておくだけで全然キャンプサイトの雰囲気が変わってきます!!

 

そしてこのブラケットにもDietzロゴがちゃっかり入っているところもGOOD!

 

 

このブラケットは裏にあるネジを手で回すだけで開いたり閉じたりすることができるので特殊な工具が必要といったことはありません!

 

ただし直径20mm以上ポールにはつけられない可能性があるので注意が必要です!

 

丁度20mmポールでいうとグリップスワニーのテントポールが丁度良いサイズ感でパップテントともこのEurekaは相性がいいので最高だと思います!!

 

参考【開封レビュー】グリップスワニーの超人気パップテントは絶対買い!

  軍幕にも手を出したけどやっぱりグリップスワニーのパップテント(GSテント)がどうしても欲しくて買ってしまいました!!   今はテンティピ・ジルコン7CPのテントを使っていたが夏 ...

続きを見る

 

使い方も簡単!

 

使い方はとても簡単でスケーターズランタンを使うのと全く同じ使用方法となっています。

 

 

まずはオイルタンクにパラフィンオイルを入れて、あとはスケーターズランタンと同じように本体をかぶせて回すだけでロックがかかるようになっています。

 

本体が結構重さがあるので誤って落とさないように注意が必要です!

 

そして前面を照らす窓も開閉することができますので少し暗いなと思ったら開けてみるのもありかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

デザインがヴィンテージ感満載!

 

Eurekaが製造されたのは1910年代と言われているので110年も前のランタンですがここまで洗練されたデザインとカッコよさを兼ね備えているのは貴重です!!

 

このEurekaには前面だけの窓だけだと言いましたが、実は後ろと横にも窓が付いているんです。

 

 

後にはレッドグローブで横にはグリーングローブがはめ込まれています。恐らくDriving lanternだったので運転席には手元の文字などを確認しやすいように赤色だったのかなと思います。

 

 

暗くなるとこんな感じに綺麗に見えます!!昔の人は本当にデザイン性もさることながら機能面もよく考えられているなとすごく関心します。

 

もちろんですが前面を照らす窓もこのように凄く雰囲気があります♪

 

 

Driving lantenと言っている割には凄い明るいわけではないので機能面というよりも雰囲気を楽しむといったかたちでこのEurekaを選ぶのがBESTです!!

 

またテントの中でも常夜灯として使うのもありかなと思いました。

 

ココに注意

ブラケットの部分がそれなりに重さがあるので、立たせている状態の時にブラケットに少しでも傾くとコテっと倒れるので注意が必要です!

 

変態的な形をしたランタンですが、使えるシーンは普通のランタンよりも多いのかと思います。

 

それにやっぱりこのヴィンテージランタンは機能面がどうのこうのではなくカッコいいかどうかだと個人的には思っています!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

 

Dietz Eurekaをご紹介させていただきました!

 

このランタンはおしゃれな一面もあれば無骨な一面もあったりするので、個性が強いランタンではありますがどのシーンにもカメレオンのように色を変えてくれます!

 

ヴィンテージランタンの中でもかなり使えるカッコいいランタンですよ♪

 

スポンサーリンク

-キャンプギア(Main), ヴィンテージランタン
-,

© 2021 あめんぼブログ Powered by AFFINGER5