キャンプ道具【大沼】

冬用シュラフの正しい選び方をご紹介!失敗すると大変なことも・・・

更新日:

冬キャンプが楽しい時期になってきましたね!!ここ最近のキャンプブームから今年は冬キャンプを始めてみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そこで悩むのが冬用シュラフってどれをどう選んだらいいのか・・・??という問題にぶつかるのではないでしょうか??

 

確かに冬用シュラフを選ぶのはこれだっていう断定的なことを書くことができなので難しいところがあります。

 

っていうのも寒さや暑さっていうのは、性別的なところや平均体温、そしてなによりも個人差によって感じ方が全然違うからです!

 

ただそれでも基本的なシュラフの選び方というのはありますのでそのポイントをご紹介できればと思います。

 

 

 

冬用シュラフの選び方!

冬用シュラフの選び方で大きな要素がいくつかあります。

 

それはシュラフの形、対応温度、あとは好きなブランドから選ぶようになりますが、大きく大切なポイントは最初の2つだけです!

 

まずは形についてご紹介したいと思います♪

 

マミー型と封筒型どっちがいいのか?

シュラフにはマミー型のミイラみたいなやつと封筒型という2種類のタイプのシュラフに分かれます!

 

まず冬キャンプをするのであれば冷気が首元から入り込みにくいマミー型をおすすめします!!!

 

 

このマミー型のシュラフだと先ほども述べたように冷気が一番入り込みやすいのが顔の付近からになるので一気に体が冷えてしまいます。

 

各メーカーもこの顔から首元にかけての冷気の入り込みを防ぐ対策がされているので実際に入ってみるとマフラーを巻いているようなそんな構造になっているのが一般的です。

 

逆に封筒型だと肩の部分が大きく空いてしまっているのでどうしても冷気が入り込みやすくなっていますが、夏場だと体の大きな動きにも対応し温度調整も簡単にできます!

 

しかしやっぱり冬キャンプならマミー型一択になると考えていいと思います♪

 

 

対応温度域の選び方

どのメーカーのシュラフにも対応温度っていうものが設定されてそれに合わせてダウンの量などが調整されています!

 

簡単に言うと対応温度が低ければ低いほど暖かくなり、高ければ高いほど夏季専用となってきます。

 

そこで冬用だけどどの温度を買えばいいのか分からないっていう人が多いと思うんですよね・・・

 

そんなお困りのあなたに対応温度域の選ぶポイントをご紹介します!!!!

 

この時に重要な言葉として限界温度とコンフォート温度がありますので覚えておきましょう!!

 

限界温度とコンフォート温度とは!?

限界温度:無理して耐えられる温度

コンフォート温度:快適に過ごせる温度

 

キャンプ場の最低気温を調べよう!

 

冬キャンプは一概にすべての場所で同じ気温っていうことはありません!

 

冬なので寒いことには変わりないのですが、水辺であったり、標高であったりと場所によっては比較的暖かいところなんかもあるので事前に調べる必要が出てきます。

 

よく行くキャンプ場、またはこれから行きたいキャンプ場の最低気温が調べてみましょう!

 

ネットだと去年の温度なんかも調べることができるので大体の最低気温を調べて置いて、その温度にあった対応温度境界線ができるかと思うのでそれ以上に耐えられるシュラフから選ぶようになります!!!

 

 

ここがポイント!

① これから行くキャンプ場の最低気温を調べておこう!

② ネットなどで去年の最低気温を調べておくと便利!

③ 最低気温よりもさらに対応できる温度のシュラフを探しましょう!

 

男女によって設定温度は違う!

初めてだと分からないことが多いと思いますが、男性と女性で体感温度や体温はまったく異なります!!!

 

男性は女性よりも代謝が良かったりするので少し低い設定もで大丈夫だったりしますが、女性の場合には設定値よりも高いものを選んだほうが良かったりする場合があります!

 

ただこれだけだとあまりにも曖昧な感じがするのでこれを覚えてもらえればいいと思います↓

 

男性はコンフォート温度よりも+5度が快適温度(コンフォート)

 

女性はコンフォート温度よりも+7度が快適温度(コンフォート)

 

これはあくまでも目安となりますが、このぐらいの設定値であれば基本的に快適に寝られる温度が保たれるはずです!

 

なので例えばだけどこんな感じの選び方になります!

 

行く場所:山梨の河口湖

行く時期:11月ごろ

最低気温:1.7度

 

モンベルのシュラフを例にしてみると表から推測して♯0(コンフォート温度-10℃)以上が候補としてあがるでしょう!!

 

もしかすると僕は男だから♯1(コンフォート温度-5℃)で大丈夫だって思われる方もいるかもしれませんが、あくまでも平均の最低気温なので温度がこれ以上にもっと下がることは当然ありえます!!

 

なので余裕をもった温度設定にすることをお勧めします!!!!

 

寒すぎると寝れないし命の危険が出てきてしまうので・・・・

 

ここがポイント!

① 男性と女性でコンフォート温度は違ってくる!

② 男性はコンフォート温度から+5度を目安にすると良い!

③ 女性はコンフォート温度から+7度を目安にすると良い!

④ 余裕をもった温度設定がおすすめ!

 

一度使ってみて少し寒いなと思ったらシュラフカバーをつけると保温力もアップするのでお勧めです

 

よかったらこちらの記事もどうぞ♪

 

シュラフカバーは必要なのか?結論は・・・必要!買って損なしのアレ!

冬でもキャンプ行くぜーってことでダウンシュラフは購入したが   そこで気になるのがダウンシュラフとセットで聞く「シュラフカバー」ってやつ   何それ?シュラフは持ってんのにまだカバ ...

続きを見る

 

合わせて買っておきたい道具!

冬用シュラフを購入できたら合わせて買っておくとより快適になるアイテムがあります!

 

それは「コット」です!!!

 

っていうのも冬の場合にマットを引いてシュラフだけで寝ることも全然大丈夫なのですが、やっぱり冬なので底冷えがしてしまいます!

 

地面からの冷たい空気がシュラフの温度をどんどん下げていってしまうのでなるべく地面から高さを上げて寝るのがより暖かく快適に眠ることができます!!

 

 

シュラフの中はどんな格好がいいの?

設定温度が低いシュラフだとどうしても半そで短パンなどの格好で寝てもいいのか?

 

っと言った質問があるのですが基本的にシュラフから熱が発せられるわけではないので冬場の軽装での睡眠はおすすめしません!!!!

 

っというのもなぜなのかというと

 

1:夜中にトイレに行くときにまた着替えないといけなくなる

 

2:朝起きてシュラフから出るときに着替えないといけなくなる

 

これらの点からもある程度の厚着をして寝ることをお勧めします!!

 

この夜中に着替えたり(着こむ)することがかなり面倒なのである程度厚着をして寝ることが後々楽に行動できるようにもなります。

 

恐らくそもそもシュラフに入ったときには冷たくて寒い状態なので軽装で寝ること自体が大変だと思いますwww

 

 

メンテナンスが必要

ダウンコートでもそうですがある程度汗などが浸透してしまって

 

中のダウンが固まってしまったり

 

皮脂などの油で汚れることがあります

 

この場合服やダウンコートの場合には近くのクリーニングに頼むことはできますがシュラフなどはそうも簡単に頼むことができません。

 

なので専門の業者に数年に一回は(使用頻度にもよる)クリーニングに出した方が長くシュラフを使い続けることができます!

 

それに性能も大きく落ちることもないのでおすすめです!

 

クリーニングについて書いた記事があるのでどうぞ♪

 

テントクリーニング業者の加工とか費用とか比較してみた!

  キャンプに行ったけど泥とか草とかがくっついて最悪   しかも雨も降ったから濡れた状態・・・   こんな状態でしまっておくとカビが生えたり   耐久性も落ちて ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?少し買うときの参考になれば幸いです!!!

 

ダウンシュラフは買ったら長いこと使えるアイテムなので間違った選択をしないようにしましょう!!

おすすめ記事一覧

-キャンプ道具【大沼】
-,

Copyright© あめんぼブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.