キャンプ用品や大好きな銭湯のこと、その他に気になることについて発信していく雑記ブログです。

あめんぼブログ

ヘッダー画像

キャンプ用品・野遊び

ソロキャンプを始めるために必要なもの【寝袋等の寝具入門】

更新日:

 

テントを買うと次に必要なものがそこで寝るための寝具ですね♪

 

キャンプは本当にひとつひとつにお金がかかるのですが

 

これを探している時間が幸せだったりします!笑

 

話がそれてしまいましたが・・・

 

寝具はたかが寝具だといっておろそかにしてはいけません

 

絶対にここは良いものを買いましょう!

 

キャンプは普段ラクしている作業をあえて面倒にして楽しむので

 

普段の数十倍も体力を使うのですごく疲れてしまいます・・・(それが楽しいのですがw)

 

なので1日の疲れはその日の睡眠でとれていないと翌日の帰りの運転で危ないことになってしまいます

 

それが2日・3日目となったらどうなるでしょう?

 

事故のもとになってしまいます

 

実際に僕は疲れすぎて一度事故を起こしたことがあったので・・・

 

なので無理は絶対に禁物です!

 

そこでソロキャンプに必要な寝具を(寝袋とかマットとか)ご紹介します!

 

これは人それぞれあるかもしれませんが良いと思っているものだけを厳選していますので是非参考にしてみてください!

 

 

 

腰痛持ちは要注意!

キャンプはもちろん周知されているとおりですが

 

地面の上に寝るので何も敷かないでいると地面の固さをダイレクトに受けてしまい

 

腰が痛くなって寝る事さえできなくなります

 

これは間違った選び方をするとマットを敷いていてもなるので要注意です!

 

腰痛持ちの方にはかなり地獄だと思います!笑

 

なのでしっかりと睡眠をとるためにもキャンプを楽しむためにも寝具はしっかりと選んでお金をかけましょう!

 

 

シュラフ(寝袋)は温度に適したものを使うこと

シュラフとは寝袋のことです

 

これは体の体温を保つためにも非常に大切なものです

 

冬キャンプだと特に気を付けておかないと大変なことになってしまいます

 

夏は安価なシュラフでもOK

夏はシュラフが無くてもむしろ大丈夫ですw

 

しかし、そこは頭の方でも書きましたが「しっかり快眠をして疲れを癒す」目的で書いているのでしっかりとご紹介します!

 

シュラフは主にマミー型と

 

 

封筒型に分けられます

 

 

結論を言うと夏に向ているは「封筒型」

 

冬に向いているのが「マミー型」

 

なので夏だけキャンプをするぞと言う人には封筒型がおすすめです

 

なぜかというと封筒型の場合には出入りが楽で、中の素材がコットンとか綿が多いので肌触りが最高です!

 

肌触りが良いということは寝ていて不快になることはありません

 

それに封筒型だと足を動かせる範囲が広いので窮屈に感じることもありません!

 

ただし封筒型は収納が結構大きくなりがちです・・・

 

それでも夏用は安価なものが多いのでどのメーカーの物を買ってもはずれはないと思います!

 

 

冬はマミー型で決まり!

先ほど夏は封筒型といいましたが

 

冬に封筒型を使うと寒くてこごえてしまいます・・・

 

なぜかというと冬は体を保温しないといけませんので

 

冷気が入り込む隙間が少ないマミー型が有効なのです!

 

それに冬のシュラフを選ぶ時には対応温度をしっかりと確認しなければなりません

 

これを怠ると寒くて寒くて大変なことになってしまいます

 

この対応温度はどのメーカーでも必ず出している項目になるのでしっかりと確認しましょう!

 

対応温度域の選び方は下記になります!

 

寒い日にはかかせない焚き火入門編はこちら↓

ソロキャンプ始めるために必要なもの【焚き火入門】

ソロキャンプは焚火をしに行くのが目的っていうぐらい   焚火には大きな魅力があります   はたから見れば、ただ薪を燃やしてみているだけなのかもしれないけど   これは本当 ...

続きを見る

 

キャンプ場の最低気温を調べよう!

冬キャンプは一概にすべての場所で同じ気温っていうことはありません

 

寒いことには変わりないのですが、水辺であったり、標高であったりと場所によっては比較的暖かいところなんかもあるので調べる必要が出てきます

 

最低気温が調べ終わったらそれにあった対応温度境界線ができるかと思うのでそれ以上に耐えられるシュラフから選ぶようになります!!!

 

 

ポイントはここ!

① まずはキャンプには何月に行くことが多いのか?

② キャンプ場の最低気温は何度なのか?

 

男と女によって設定温度は変えよう!

これ結構忘れている人多いかもしれないけど

 

男性と女性で体感温度や体温はまったくことなります

 

男性は女性よりも代謝が良かったりするので少し低い設定もで大丈夫だったりしますが

 

女性の場合には設定値よりも高いものを選んだほうが良かったりする場合があります!

 

ただこれだけだとあまりにも曖昧な感じがするのでこれを覚えてもらえればいいと思います↓

 

男性はコンフォート温度よりも+5度が快適温度

 

女性はコンフォート温度よりも+7度が快適温度

 

これはあくまでも目安となりますがこのぐらいの設定値であれば基本的に快適に寝られる温度が保たれるはずです

 

なので例えばだけどこんな感じの選び方になります!

 

行く場所:山梨の河口湖

行く時期:11月ごろ

最低気温:1.7度

 

となるとモンベルの表から推測して♯0(コンフォート温度-10℃)以上が候補としてあがるでしょう!!

 

もしかすると僕は男だから♯1(コンフォート温度-5℃)で大丈夫だって思われる方もいるかもしれませんが

 

あくまでも平均の最低気温なので温度がこれ以上にもっと下がることは当然ありえます

 

なので余裕をもった温度設定にすることをお勧めします!!!!

 

寒すぎると寝れないし命の危険が出てきてしまうので・・・・

 

ポイントはここ!

① 男性と女性でコンフォート温度は違ってくる

② 男性はコンフォート温度から+5度を目安にすると良い!

③ 女性はコンフォート温度から+7度を目安にすると良い!

④ 余裕をもった温度設定がおすすめ!

 

以前に書いた記事になりますが参考にしてみてください

モンベルの冬用シュラフを本気で選んでみた結果これだった

もうすぐ冬ですね   寒い季節がやってくるとキャンプ場がほぼ貸し切りで使える   なんて嬉しいことがまってます!   だけど冬は今まで使っていたシュラフとかが使えなくなっ ...

続きを見る

 

マットはインフレーターマットがおすすめ!

キャンプで使うマットとは言わば敷布団のようなものです

 

その上にシュラフを置いて寝ます

 

これが一番きちんと選ばないと腰が爆発してしまいますw

 

インフレーターまっとについてはダンロップがおすすめですがそれ以外でも全然大丈夫だと思います

 

要するに地面の固さをダイレクトに受けずに緩和することができればいいのです

 

過去に1か月間インフレーターマットで寝た体験もしているので読んでみてください

 

ダンロップのキャンピングマットでぐっすり快眠!

突然ですがみなさんはキャンピングマットにお金かけてますか?   きっと寝袋があるから大丈夫とか安易に考えているのではないでしょうか   確かにシュラフ(寝袋)だけでも寝ることは可能 ...

続きを見る

 

お金に余裕があったらコットもおすすめ

コットとは担架のようなベッドの事です

 

このコット上にシュラフを置いて寝るのですが最高です!

 

これかなり便利でベッドのような感覚で寝られるのでここ最近では一押しです!笑

 

 

それに寒い時期のキャンプに行く場合にはコットがおすすめなのだ!なぜかと言うと

 

冷気は下に溜まりやすいのでコットを使うと底冷えせずに寝ることができるのであーる!

 

しかも寝心地がいいので最高です!

 

 

 

枕はあると便利だけどなくてもOK

キャンプで枕って結構忘れがちなんですけど

 

これはぶっちゃけなくてもいくらでも代用ができるので買わなくても大丈夫です

 

もちろんコンパクトになるキャンプ用の枕も販売されています

 

ただ先ほども買いましたがなくてもOKです

 

っていうのも洋服とかで自分にあった高さの枕をいくらでも作ることができるのでお金をここにかけなくてもいいです☆彡

 

その他にあるといいマット等

地面からの高さが出るほど寝心地は良くなってきます

 

なのでインフレーターマットだけでもいいのですが

 

あともう一枚ぐらいあるとより気持ちよく寝られるかもしれません

 

こういったたまごのケースみたいにごつごつしてるのも底冷えを防いでくれたり寝心地がよくなるのでおすすめです

 

 

あと僕のなかでおすすめなのが1枚テントのインナーシートとしてキャンプ用のじゅうたんを敷くと

 

お洒落になるし寝ている途中に滑らないのでおすすめです

 

 

是非お試しあれっ!

 

テント入門編もありますのでよかったらどうぞ♪

ソロキャンプを始めるために必要なもの【テント入門】

参考:ゆるキャン△公式サイトより   ソロキャンプを始める人がここ最近かなり多くなってきてます   それもやっぱり「ゆるキャン△」が大きな影響があったようですね♪   僕 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

寝具をおろそかにしてしまうとあとで痛い目にあってしまいますのでお金はなるべくかけるようにしましょう!

おすすめ記事一覧

-キャンプ用品・野遊び
-, ,

Copyright© あめんぼブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.